青山生活子連れ流☆子供の巣立ちを待ちながら ホーム »日記
カテゴリー「日記」の記事一覧

2018/01/29 祖母のお見舞い。元気に寝ていた。  

昨日、母と、父の墓へ行ったのだが、雪だらけだった。
あの時2歳だった長男が、今年でもう21だよ~と言いながら墓の間の道を歩く。
祖母のお見舞いに行ったら、祖母はベッドに横になって寝ていた。母が何度か呼ぶと、うっすらと目を開け、それからちょっと驚いたように見開いた。
何か話しかけたら返答をするが、何を言っているのかは非常にわかりにくい。たぶん、声出すのも大変で、意図通りに発音できないんじゃないか?思いっきり声を出して返事をする。
母が、そんな大きな声出さないでいいよと言っていたが、調節できないのじゃないかと思う。力入れて声出す以外に。
出そうとする声と、発せられる音が違うけれど、何度か質問をして、それに対して、同じような抑揚と長さの声で返すので、
これ繰り返したら、たぶん意味わかるなと思った。
声を出す時に、横になったままなので、口の中が良く見えるのだが、舌も力が抜けているから、喉に入って窒息しそうになったりしないのかなあと心配になる。
質問をやめると、またすぐ眠ってしまう。
呼ぶと、目を開ける。
また寝たのを見ていた。
口を丸く開けて大きないびきを立てて寝ていたが、嫌ないびきではない。
元気よく寝てるね。と母に言うと、確かにそうだねと。
凄い元気に寝れて幸せだね、痛くて眠れないとかだったらたまらなく辛いでしょう。時間が長く感じられて。
私の手が冷たすぎたので、驚かせたらいけないと思い、肩のあたりをとんとんと触れて、挨拶して帰った。
昨日の夜、建物の廊下に出たとき、空を見上げたら、星が、ちらちらキラキラ、ふたつ見えた。はー・・・と息を吐いたら、白くなった。寒い季節、静かに感じられるのはみんな静かに縮こまっているからかな、細胞までも息をひそめて。
それにしても、赤ちゃんの1年の変化が目まぐるしいように、お年寄りも、1年での変化大きいように感じる。
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2018/01/28の日記 長男バイト先で客ににらまれる。  

朝6時半過ぎに強引に、「おはよう・・・」と返事させられた。娘のどすどす歩き回る振動に恐れおののきながら、布団の中にいた。空爆みたいな足音っていうのかな。
頭に浮かんだことは
「管理者コード・・・・管理者パスワード・・・・」
・・・やだやだ、瞑想でもして寝るべきだ・・・と思いながら、は!っと起きて、一昨日からしようと思って昨日も忘れたことを思い出した。
押し入れから、毛玉取りを取り出し、コートの毛玉を取りを始めた。まさに朝いちばん。
歯医者のハンガーにかけたとき、コートの毛玉がひどく見えたのに、家で見るとそれほどに見えないのはなんでだ・・・と思いながら・・・・

「睨んだだろ」いや、、、、「なんか文句あるのか?」いえ、別に・・・というやりとりを、昨日100均で体験したらしい長男。
「はぁ?睨んでないし~!」と言うとか、「文句?ちょっと外出ろよ、外でおしえてやっから!」とは言わなかったんだね、偉いね君・・・・と私が言うと、
「そんなことしたら迷惑だし(周りに)」と。
へ~~~~そういうことわかるのか・・・・
しかしいちゃもんつけてくる事態狂ってる場合あるから、イラついても相手にしないのが正解だよなと言うと、
「いや、またそういうことあったら・・・」と言うので、
やーー、そういう人、やられたら、今度は凶器持って戻ってきて、いきなりブスって差してくる場合あるよ、何するかわかんない!
と言うと、そんな危ない人いるのか?と驚いていた。
いやあ~~~いるでしょう!(そういうことまでは想像つかないんだな。)
とにかく普段から、周りをよく見まわして、危なそうな人に手をつかまれないくらいの距離を取るのが一番の自衛方だって、自警団みたいな人たちが言ってたよ、セイフティー教室で(小学校とかの・・・)!と言うと、納得したようだった。
セイフティー教室、役立ったな・・・・(そういうこと子供に伝えられるという意味で・・・)

また、もうやめるもうやめると長男言っていたが、睨んでるだろって言われるほど嫌々やってるんじゃないの~~~?だったらもうやめてもいいんじゃない?すぐやめるのはどうかと思うけれど、3か月やったのなら・・・3か月はやらないとわかんないよね、とか言いつつ、自分はもっと即行辞めてたよなぁと思うのだった。。。長男位の頃。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2018/01/27の日記   

朝行った歯医者の待合には、東京カレンダーとか、レオンとかサファリとか、プレジデントなど、あとはきらびやかな女性誌各種。次に行った歯医者の待合には、サライとエッセ。前者には歯科衛生士とか、まつ毛の長い若い女性スタッフがいっぱいい。後者の方は、先生ひとりだけ。校医さんで良心的なのだが、あまりにも空いている・・・。

今日は図書館も行ったのだった。
家の近所を行ったり来たりしただけだったから、3000歩くらいしか歩いてなかった。
生協で、余剰野菜を注文しているのだが、泥付きのネギばかり来る。おいしいからいいけれど、泥を洗い流すのに、手がすぐ真っ赤にぱんぱんになる。
しかし農家とか、もっと手が冷え冷えになってる人がいっぱいいるんだろうから、これくらいで、手が~~~とか言えないよなと思いながら、野菜を洗う。面倒だけれど、泥付きの長ネギで作る野菜炒め、すごく美味しい。甘くて焦げやすい。

洗濯物干してから、古い方のルーターを、無線使えないテレビにつないで、親機の方と接続する?とか、それについて調べようか。あー、でも今日やりたいことまだできてないし。どんどん締め切りが・・・・
そういえば、今日は内職用の商品写真も撮れて良かった、と思ったところで、商品についてのメモ書いとかないと!と思いだす。
明日も早いからなーーーー・・・(6時半に長女に踏みつけられる危機感で起きる予定)
・・・今、無理やり耳にイヤホン突っ込まれた。。。
「今これ聞いてるの、どう?」
一日中カラオケボックスに行ってた長女に・・・

昨日かおとといの新聞記事で、大分のサルの総選挙やらのことが書いてあった。それを長女に言ったら、
「私に参戦して来いとか言うんじゃないでしょうね」と言われた。
イケメンナンバーワンのサルは、18歳だって、と言うと、横から長男が、「ゴリラ(長女のこと)より年上じゃん!」
写真を長女に見せたら、「確かにイケメン」
総選挙で選ばれたサルの写真を見せたら、「確かに可愛い!けれど私が参戦したら、ぶっちぎりかな!」
・・・我が家の会話はこんな・・・

category: 日記

tb: 0   cm: 0

夕べのダラダラ  

昨日新聞読んでいて、北新宿に怪しげな民泊施設が増殖とか、米軍の潜水艦の操縦かんの代わりにXboxのコントローラーが使われて、兵士が使い慣れているからイイ!とか(ゲーム感覚で攻撃!?恐ろしい)、プーチンの選挙のこととか、トルコとシリアのこととか、元号ってなんと天皇が変わるって理由だけで変わってたんじゃなかったんだとか、あれこれ黙って読めないで、言葉を発するごとに、長男に
「誰に言ってるんだ、気持ち悪い!」と指摘され。
その後、長男が珍しくテレビつけていて、ペトラが映っていたのだが、あなたそこ行ったよねーと言うと、
「全く記憶にないから、行ったことにならない。あんただけ行ったんでしょ。」
老女の活躍みたいなのの紹介について、この人死んだら、どうするんだ、と言うので、後継ぐ人いるでしょうと言ったら、
「あんたが行って、継げ」
現地の子供たちが、親が仕事頑張ってくれているから自分たちもお手伝いを、みたいなことをコメントしているのを聞いて、「ほんとそう思ってるのかね?!」と言ってきたので、
どうだろう・・・・確かに大人が子供よりかなり偉い存在とされているけれど・・・しかしこんなみんな優しそうでひとなつっこくて、穏やかな感じで、いい人そうってこたあないよ!パンとか作る時だって、子供とか、もっとうまくやれ!とか叱られたり、若者だって隙あらばって感じのちゃらちゃらしたのだっているだろうし・・・・
普段見ないようなテレビをしばらく眺めていると長男が途中で、
「あんたこれ見てるのか?」
いや、飽きてきた。
「・・・つまらない番組だった。時間損した。」
・・・綺麗な風景見れたってことにしよう・・・・

夕べはこのようにダラダラしてしまった。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2017/12/13 試写会の恨み  

先日、母と娘と外出中。最近私が当てた試写会の件について話していた時のこと。
試写会当たって、子供連れて行った場合、後ですごい文句言われるのだが、今回は、長男が、「これは行く!・・・どこから当てた?! 友達と行っても大丈夫かな」と、こちらが何も言う前に、勝手に、当選ハガキの宛名の私の名前を無視して、言った。
ジャニーズが出てるとか、邦画で人気俳優が出てる映画や、俳優の舞台挨拶がある時は、宛名の本人+同伴者とか、身分証明が必要といった場合もあるが、今回はそういう感じでないので、まあ大丈夫じゃない?チェックしなさそうだし・・・と答えたら、もう喜んで、「大学の人誘ってみる。それか、もうすぐ受験の人」・・・なぜ、友達と言わず、”大学の人”、っていうのか・・・
もうすぐ受験の人、はやめといた方が!(もうすぐ受験の人という人は、2浪の友人。)と言うと、
「あいつ、全然勉強なんかしてないから!」
でも、ちょっとやめといた方が・・・・”大学の人”にしなよ。
それにしてもいつも私が当てる試写会は碌なのがないってしつこく言っていたくせに、そんなこと言った覚えもないんじゃないかってほど大喜び。そ
もそも私が行きたい映画でなく、長男が行きたいだろう映画を応募したので、当然なのだが。
母と長女と歩きながら、試写会のこと、長男が凄く喜んでたね、誘われても迷惑とか、変な映画ばかりとか言ってたくせにね、と言うと、長女が、「あんなに喜んでいるのは珍しいね・・・私ほんと迷惑被ったからw変な映画見せられて!」
すると母までも「それは、昔からだから。昔からそうだから!昔から周りに迷惑・・・」
みんなしつこく言う・・・

category: 日記

tb: 0   cm: 0

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop