子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム »次男
カテゴリー「次男」の記事一覧

2017/10/26 エージレスカイロ  

次男が、「お母さん、寒い?カイロいる?」と聞いてきた。寒いって答えてないのに、スーパーで売っている系の温めるピザの袋に入っていたエージレスをもみくちゃにしたの、渡してきた。
確かにあったかかったが。
スポンサーサイト

category: 次男

tb: 0   cm: 0

2017/10/16 次男の4者面談  

先週末、3者面談の為に中学へ行ったら、次男から迷惑被っているという同級生を含めての4者面談となった。
学校に冷水器が二つあり、一つの方で、その子が飲もうとしたら、前に飲んでいた次男がなかなかどいてくれなかったと。すると次男は、他の方へ行けばいいじゃないか、自分だったら他の方の冷水器に行く、と言う。
・・・・そ、れ、は、嫌がらせって言うんだよ!!
人気のお店で、外で大行列してるっていうのに、食べ終わってもなかなか席開けなくて、ダラダラしてるの!そういうのいるでしょう?!ああいうのもどうかと思うね。普通、後ろに人待ってたら、早く済ませようとか、早くしようとするもんでしょう、それが、普通!
あなたの行為は、嫌がらせ!
その男の子が、他の授業の時に、後ろにいた次男に、太ってて邪魔で前が見えないみたいに言われたと言う。
太ってようが痩せていようがあなたに関係ないでしょう?!あなただって、太りたくても太れないでしょう?!じゃあ、前の人が背が高い場合は、小さくなれっていうわけ?
縮められないから!背が高いのは小さく、で、き、ま、せ、ん!!
人が嫌がることしたり、嫌なこと言ったり、どういう心理?
相手の反応を見たいわけでしょ?
相手が嫌がっているのを見て楽しいわけでしょ?
だけど、相手は、凄い嫌がってるの。
(あなたは楽しくても相手は嫌がってるのよ、なんて言い方では、まったく 届かない。)
すごい、嫌なんですよ!
私だって、嫌だわ!
あなたがやっているのは、暴力だから!
物を投げたり殴ったりだけが暴力じゃない。
相手が嫌だなってことを言って傷つけるのは言葉の暴力!
あなたがしているのは、言葉の暴力!
(シーーーーーン)
言葉の暴力、そうですね、他の先生も、困ってると言ってます(次男の態度の悪さや言い返しの言葉について、ああいったこうやったといった話)、と担任が言う。
・・・なんでそういう言い方するの?と聞くと、口が勝手にとか言う。口から勝手に生意気な嫌味が出ると。
口が勝手に!
幼児ですか?小さい子が、目で見たまんまを言うけれど、
あなたのそれって、幼児と同じ。
幼稚!もうやめて。そういうの。
みんなが盛り下がるようなネガティブ発言をして、迷惑だと担任が言う。
・・・よし、がんばろ~!とか、ポジティブ発言しろとは言わない、けれど、
ネガティヴなこと思っても、口出さないで。
わかりました?
わかりました?
うなずいてんじゃない、さっき、注意されたら言い返さないでまず、ハイって答えるようにって言ったでしょう。
うんうんじゃなくて、ハイ!でしょう。
(途中、教室に他の先生が入ってきて、ささささーーーっと退散)
担任が、お母さんもこんな真剣に考えて下さっているのに、またこのような形で呼び出すことが無いように気を付けてくださいとか次男に言い、同級生の子も、今回は許す!けれど次はないからな!とか言い(こういう言い方するんだ・・・・次はどうなるのかなとか思ってしまった。)、
4者面談終わって3者面談の時間になったが、次男がお腹すいたとか(誰の為に集まってんだよ!)こそこそ言い出し、もうお話にならないのが見えた。
半時間怒られっぱなしのところで、前向きな話なんて聞き入れず、前向きな提案だってひねくれた返しするだろうから、時間の無駄。
悪いことについて説教大事だが、それだけでは根本的解決にならない。
幸せで楽しいと感じている人は、ネガティブ発言しないはず。つまり次男には、学校生活の中で楽しいと思うこと・・・部活や運動などを増やすことがいい効果出すのではなどと言って、面談は適当に終了して、校舎を出た瞬間、
次男が
「●●(同級生の名前)が言っていること、ほとんど嘘だから!」
ああもう、伝わってない。
私の説教時、先生固まっちゃってたけれど。
ダメだから。日々私がちゃぶ台返しレベルの気迫のつもりで戦ってきても、次男の表面をつるりと滑るだけだから。
私の言うことに感心してるようじゃあダメなんだよう・・・・
子育て、ひとりめはなんとか、ふたりめはなんとか、さんにんめはなんとかって、なんだっけ試作品だっけ?なんだっけ。
ああ、センスない。

category: 次男

tb: 0   cm: 0

どんなブドウの木からのブドウ?  

先日の日曜日、次男と母と山梨に行った。ブドウ園だけでなく、そこら中、ブドウだらけで、ブドウの藤棚状態。ブドウ販売所みたいなところでは、太い木から、広い範囲の高い棚の上を這っている枝に、シャンデリアみたいにぶら下がってる。ブドウ売っている感じでない家の庭先でも、こじんまりしたブドウ棚にブドウがたわわ。
一体、そこら辺の土の中はどうなっているんだ?ブドウの栄養水脈みたいなものが地中にある画を思った。
物凄い大型の傘を広げたところに大量のブドウを提げているような一本の木は、どれだけの期間、ブドウを実らせることができるのか?
ブドウ園の木は、そこまで太くも高くもない。若い木のブドウの味と、歳とったブドウの味はどう違うのか。
みずみずしいとか、熟成とか・・・・しかしどこからも生えてるとなると、その土が気になる。土の下とか。
ここのはおいしそう~ってところで採れたのか、そうでないのか・・・店頭ではいつも紹介されているわけではない。話聞いたとしても、へぇとなんとなく想像してみるが、わかりずらい。
産地を見ると思って出かけたわけではないが、産地で見たら、産地による違いがあるだろうこととか、育てるのはどれだけ大変なんだろうとか、考えることが湧いてくる・・・そういうの、子供に見せたいよねと今更思った。

category: 次男

tb: 0   cm: 0

太巻きと、不思議な次男  

恵方巻を食べる習慣、自分にはなく。
恵方巻に気付いたのはだいぶまえ、コンビニで見かけたのが最初。
いつしか、当たり前のもののように知られてきたが、
そもそもの起源について、
江戸時代に始まった説もあれば、戦国時代の説もあり、はっきりしないのに、海苔巻きを食べるのを楽しみにしている人に、がっかりさせるようなこと(大正時代の花街の卑猥なお遊び云々説)をわざわざ威張って言う人には、近づきたくないなー(鬼は外ー)と思ったり・・・
商業ベースでも、楽しみたい人は楽しめばいい!
季節感を楽しむのは大いに賛成!
豆まきだって、なんでそんなことをと言われても、我が家はやるのだ!
と、夕べ、豆まきした。ビルの谷間に向かって・・・

鬼はそとーーーーーーー

・・・3粒ずつね!一人3粒!遠くに投げてよ、ベランダに散らかさないように!
・・・鬼はうち、じゃないからっ!(鬼は内ーと叫びそうになった長女を止める)

福はうち~ 

・・・片づけやすいようにまいて!(と言ったら、長女も次男もすかさず、自分の口の中にまいた・・・というか放り込んだ)

なんでこんなことやるんだ、僕が大人になったらやらないと思うよ、という長男に、歳の数の豆を食べるよう言ったら、他の子たちがすでに豆をむしゃむしゃ食べていて、人数分の歳の数分はすでになかった。噛んでると、きな粉みたいに美味しい!とか言ってるし・・・。

太巻き、昨日は、母がわざわざ作って、駅で渡してくれた。(渡すために来てくれた。)
太巻きの具について、卵焼は好きでないとか高野豆腐は食べたいとか文句ばかりの長女。
誰が作ったとかこだわりうるさい長男(食べ物屋の物には言わないのに、一般人の手作りにはうるさい)。
せっかく手作りの太巻きをわざわざ持ってきてくれたのに・・・!
有難いことなのになんて奴らだ!
あまり食べたがらず、押し付け合いのような感じの言い方をする長女と長男に、
怒りの背中を向けながら、包丁を研いで濡らして、太巻きを切ろうとする私。
(それこそ、鬼婆・・・)

そこへ次男がやってきて。

「お、どれどれ!美味しそう!
たくさんちょうだい!どんどんちょうだい!」

次男に切ってやると、

「うまいうまい!すごいうまい!最高。
ばあばに、最高に美味しかったって言っておいて!」

気ぃ使っているのだろうか?
ほんと日頃、首絞めてやりたい!!(マンガみたいに、、、、)って思うくらい生意気な口叩く次男なのだが、いいタイミングで、いい対応をしてくれるというか・・・・
それも、いかにも本当な感じで。

言われるがままに、たっぷり盛ってやった。
あっという間に食べ終えた次男、
「あー、もうギブだわ、もう~食べれない・・・
まだ残りある?」

本気か?残りあったら、それはまずいなぁという意味か??
あるよと答えると

「明日、それ食べるわ!」

ほんきかい・・・?
・・・こういうとき、あまりつっこむとまたへそ曲げるから、取扱注意。。。

category: 次男

tb: 0   cm: 0

ムカつく二重人格小僧  

朝、いつまでも布団にくるまっている次男。
私は基本的に起こさないのだが、見かねて、
朝ごはん食べなさいよ!と言うと、
「コーンフレーク、入れて」(皿にということ。)と言うので、
そんなの自分でやれ!と言うと、
「じゃあ 食べない。」
なんでそんなのおかーさんがやらないといけないのだ!と言うと、
「だって、親だから子供のめんどうみるの当たり前でしょ」
と言う。
コーンフレーク入れるとかそんなの自分でできるだろうが!
小学校6年で、出来ることは自分でやるのが当たり前でしょ!

そもそも、朝、お米のごはんが嫌だと言うから、パンを買ってやったら、
パンは、
「おかーさん、焼いて!」・・・・自分で焼けるくせに!
で、パンも食べないときが多かったので、文句言うと、
コーンフレークなら食べれると言うから、お菓子のようなコーンフレークを納得できないまま買っているわけである。
とにかく、朝ごはんに時間かけるより、ダラダラしたいようで、ほっておくと、平気で朝ごはん食べずに登校する。
朝、食べないのはよくない、特に子供は食べないと、午前中の事故が多いとか、頭働かないとか、とにかく食べたほうがよい!子供は!と思っているので、なんとか食べて欲しいわけだ。
そのため、妥協して、次男の欲するアイテムを用意しているのに、これである。

次男は、外では、もう、面倒見がいいとか言われたり、気が利くと思われていたりもするが、家では、あれやれこれやれ、薬塗ってだの、布団かけてだの、凄い幼稚な要求してきて、自分でやれと言うと、例えば、布団の場合、
「じゃあ 布団かけないで寝る。あーーーさむさむ・・・風邪ひいたら親が風邪ひかせたっていってやる」とか、
薬、自分で塗れと言うと、
「いい。めんどくさい。掻きまくるからいい。」
とか、ほんと、こっちが嫌になる返事をしてくるし、幼稚すぎることを指摘すると、生まれつきの病気だみたいなこと言ってくる。
こちらとしては、次男の二重人格にほんと怒り狂って、わなわな、、、、という感じ・・・
次男の憎たらしい返しに、半分くらいは、言葉の責任とってもらっているが、
次男の方は、こっちの弱みにつけこんでる認識あるのは明らか。
相手を見て行動する達人・・・。
まだ甘えたい気持ちあるのだろう、この時期はしっかり甘えさせてやっといた方が、あとあといいような、と思ったり、父親がいない分、二人分のケアをしてやらないとという思いもあり、
つい甘やかしすぎる。
しかし、大人になってから、いかに自分は親に甘やかされていたか自慢する勘違い男になって欲しくないし、自分のことを自分でやらないのが当たり前だと、責任感も育たないのではないかと思う。そとでちゃんとしているから家では緩めていいじゃないかという説もあるが、家の人には酷い態度のDV男みたいになられても困る・・・。

次男にも自分自身にも腹が立つのだが、こんな具合がずいぶん続いている・・・。
朝からつい、同等に言い合っていると、長男が、こんなチビ相手に何ムキになっているンんだ?と言う。
そうなんだけれど、ほんとムカつく返ししてくるんだよ、このチビは!

・・・ムカつくって、あんたの子供でしょ、あんたが産んだんでしょ・・・と長男。君は違うのか?
しっかし、甘えさせ切るか、取り合わないか。ぐらついてるから、ダメなんだよな、、、、

category: 次男

tb: 0   cm: 2

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop