子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム »体験
カテゴリー「体験」の記事一覧

2017/10/2 東山魁夷展、溜息・・・  

近づいて、ようく見て、離れて、ずれて、もうちょっと離れて、他を見て、また戻ってきて、今度は座った位置から眺めてみて、ますます魅了され、この為に来てよかったと満足した。思った以上だった。
ぼやーっとした中を分け入って、前から後ろの方へと視線を移して、もっと離れて、じーーーーーっと見たら、あれ?近くにいたときに見えなかったものが見えて、確認するように 近づいて見る。
遠くから眺めて、あれ、どうなってたんだろうって、もう一度近づいて見る。
見えてなかったことに気付いて驚く。
頭の中で持ち運びやすいから、余韻が長い。
東山魁夷展、ほ~~~~っと溜息。
印刷物とまるで違った。
色味も煌めきも。写実的でないのに、本物の景色に包まれているような気分になった。
母と一緒に見て、どれが好き?と聞いたら、日暮れすぐに、紅葉が空に桃色の残像を広げたような山の画が、幼い頃の愛媛の山を思い出すという答えだった。
スポンサーサイト

category: 体験

tb: 0   cm: 0

イタリア人と日本人。  

前記事の続きである。

イタリアでは日本のアニメ、人気らしい。
イタリア人の性質が、日本のアニメの特徴と合致するところあり?↓

家族がいない子供の家族観・・・孤児が家族を探しに行く話に共感。、
職人気質なので、メカニズム的なものを好む。
ビジュアル的なので、凝っているものに惹かれる。

ちなみに、日本のアニメ、テレビアニメがほとんどで、
アニメの映画はあまりやってないみたい。

クレヨンしんちゃん、どらえもんは、スペインでは人気あるが、イタリアでは人気ないが、
ルパン3世は、どんな苦境でもこの人なら、大丈夫というカッコよさが、イタリアで受けているらしい。

悲しみの表現は、欧米人なら、泣いたり叫んだりするといった、表現の傾向はあるよね、
という話になった。
日本は、世間から見た目、から、日本のアイデンティティを認識しようとするが、
イタリア人は、自分で自分のアイデンティティを決める。
自分は、自分。

夫側の家族がイタリア人で、普通の日本人よりも、イタリア的生活を生きているヤマザキマリさんが、
自分は日本人だなぁと思う時というのは、
とんぼや雲など風景を見て、情緒を感じる時だそう。
俳句的な感覚。
また、日本食がおいしいなあという喜び。

その日、和服姿だった萩尾望都さん。
しゃべり方や動作に、今の人にない可愛さを感じた。
おっとりとしている受け答えなど、、、若いころは、とがってたのかなあ、時代的に?

外国人がイメージする、その国というのは、実際とはだいぶ違い、
リアルな、その国の特徴は、ある程度長くそこにいないとわからなそうだね。

それ以前に日本人の特徴自体も、自分は深くはわかっていない。

風景を見て、情緒を感じるのが、日本人の特徴の一つとということも、意識してなかった!

#イタリア人 #萩尾望都 #ヤマザキマリ 


category: 体験

tb: 0   cm: 0

イタリア人についての思い込み  

イタリアについてのイメージ、自分にとって印象深いのは、ローマの休日かな?
スペイン階段や、ジェラートにあこがれたものだ。

去年の11月に、イタリア文化会館でのイベント「イタリアと日本人 文化とサブカルチャーをめぐって」
に参加した。
日本人が思う、日本人がメディアを通して知るイタリア人像って、リアルイタリア人と近いの?
イタリア人にとって、日本人のイメージが、今の時代、どんな感じ?

ということに興味沸いたから。
しかし、その日のゲストが、漫画家の萩尾望都さんと、ヤマザキマリさんだったので、お二人のファンの方も
大勢来ていたことと思う。
その時点での、イタリア文化会館館長ジョルジョ アミトラーノさんを含めての3人の鼎談から、印象に残ったことを
メモした。

アメリカ映画で、イタリアを描くとき、どうも不自然らしく、
AVANTIや、ゴッドファーザーの中のイタリア像は、イタリア人的には、ナイなって感じらしい。
黒澤明さんが、ティファニーで朝食を、の中の日本人像が嫌いというのと同じく。
日本人が海外の映画の中で登場して、えええ~~~っちょっと~そんな風に見られてるの?っていうのあるが
そういう描かれ方のことよね。
ちょい悪おやじモデルとして知られているじジェローラモさんのことも、本国イタリア人は興味ないし、在日イタリア人は、彼のこと好きでない人も多そうとか、、、なぜなら、ステレオタイプのイタリア人を演じているから。
実際のかれは、地味なのに派手を装っているとか?
その話はほかでも聞いたことあるが。
外国人が描いた日本人ということで、「MISHIMA」の名前が出た。コッポラとジョージルーカスによる、三島由紀夫についての映画。
これはいいらしいが、日本では封印されているんだよね、、、。
実際にその時代を体験した人よりも、次世代の方が、俯瞰して見ることができるようになっているのか?
イタリアでは、吉本ばななさんのpoeticなところが、イタリアに合うのか、人気らしい。
キャプテン翼も、イタリアで人気がある。翼は、マルコっていう名前らしいが。
19世紀のイタリアを描いた「クオーレ」という本は、宮沢賢治に影響を与えたそうで、
イタリアと日本は、相通じることができるということかな。
ところで、シェークスピアは、イタリアに行ったことがないのに、イギリスにいたまま、イタリアのことを調べまくって、異国イタリアのことを書いたのですって。
みんなが見たいイタリア、みんながこうと思いたいイタリアっていうのがある。
それはどの国についても、そうだよね。
(続く)


category: 体験

tb: 0   cm: 0

「素敵女子を目指そう!お仕事シーンで働くファッションとは」に参加した。  

日経ウマノミゼミナール「素敵女子を目指そう!お仕事シーンで働くファッションとは」に参加したメモ。

メインの内容は、革製品メーカーのAJIOKAさんの宣伝という感じだったが。
日経WOMAN編集長の安原ゆかりさんの講演で印象に残ったことがいくつかあった。

「3年後の私」をイメージしてファッションを考える←今の状況をよくしていくために!

①今の自分の服に関する悩みを書き出す。

なんかもっさり、長く着ている服が多い。
地味、キラキラしていない。
愛着があるが色気は無い服。
若い頃から変わらない服。

②3年後の自分の服装やライフスタイルをイメージする。
3年後はどんな職場、どんな暮らし、どんな人とどこに行く?

今より素敵。大人セクシー。見た人の気分が上がるような服装。
イキイキしている。
ライフスタイルは、すっきりしていて、疲れ切っていない。
カラダの不調がなく、気持よく過ごせている。
家の中もすっきりしている。
もっと大人な考えと行動。
しゃっきりしていて、やりたいことをさっさとやれてる。
3年後、もっと書く仕事ができる職場にいたいな〜
ダーリンと微笑み合い、旅行もちょこちょこ行けてたらいいな〜

③理想のファッションをスクラップする。
気になったものをまとめていく。
こんな女性になりたい、なりたいイメージの写真の切り抜きなど。
どんどんまとめて、半年後に見直してみる。そこで要らないものを選別し、
要るものは残す。しぼりこむ。
↑自分がどうなりたいかが分かって来る。

自分に似合う服となりたいイメージを知る。

①着た洋服のラインにメリハリをつける。
②カジュアルブランドでCPの高いものを見つける。
③アクセサリーや小物できちんと見せる。

というわけで、その後、革小物に関する、AJIOKAのプレスの菊池愛世さんのお話に続いた。
国産にこだわりの革製品ブランドGANZOの近くにあるお店、Epoiの商品の紹介もあり。
印象に残ったのは、

クロコ(ワニの皮、型押しでないもの)は、野生なので、傷がある。←本物か、見極めポイント。
欧米のヘルシー志向で、牛などの皮が減った。
中国や韓国製の皮革製品は増えた。

名刺入れも、状況や日によって色やデザインを違う物を使う楽しさについての話も良かった。
名刺入れってその人のイメージとつながるから、どういうものを持つか、大事。

持つ皮革製品の色と色が表すイメージやパワー

①太陽のシンボルカラー
自分が活き活き輝くためのパワーをくれる。

ゴールド、オレンジ、イエロー

②変化を招き可能性を拓くカラー
空や海のような、広い広い世界が開けるように。

ブルー、パープル

③絆を呼ぶカラー
新しい出会い、あたたかな絆を運んでくれる。

ホワイト、レッド、ピンク

④結実のカラー
これまでの努力を確かでゆるぎないものに。

グリーン、ブラウン、ベージュ

プレゼントに財布とか名刺入れ、いいよな。見に行こう。

3年後にどうなれるかな。
聞いた話を活かしましょ、、、!







category: 体験

tb: 0   cm: 0

ヒロインメイクの『第3のマスカラ』ってこういうものだったのか。  

【ZX】ヒロインメイクの『第3のマスカラ』、使った感想を教えて!<PR> ブログネタ:【ZX】ヒロインメイクの『第3のマスカラ』、使った感想を教えて!<PR> 参加中
ZX beautyイベントでもらった、ヒロインメイクの『第3のマスカラ』のサンプル。



このイラストが結構特徴的で、@コスメストアなどでもすごく目につく。
売れてるんだ~と思いつつ、使ったことはなかった。



可愛らしいミニペンサイズのサンプル。ブラシは普通にラウンドタイプの塗りやすい物だった。
ヒロインメイクの『第3のマスカラ』、なんで第3のマスカラかと言うと、
耐久性が高いうえに、落とすのが楽!ということらしい。



お湯に馴染ませた後で、普段の洗顔料ですっきり落とせるのだが、従来のその手の物は、日中にも黒くぽろぽろ粉が落ちたりしやすかった。
が、ヒロインメイクの『第3のマスカラ』は、日中は綺麗なまつ毛をキープできるという仕様だそうで。実際、つけ心地はいいし、早く乾いてつけたカールをキープ。
日中、たしかにぽろぽろ落ちはなかったし、落とすのも簡単だった。
日常使いに便利!





ヒロインメイク ブランドサイト(※PC/SP)
アドバンストフィルム(ロング)
アドバンストフィルム(ボリューム)


category: 体験

tb: 0   cm: 0

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop