FC2ブログ
青山生活子連れ流☆いつも楽しく ホーム »シングルママと子ども
カテゴリー「シングルママと子ども」の記事一覧

2017/10/16 兄弟ちくりあい  

昨日、夕方家に帰ったら、長男が、長女は「一日中スマホ」してたと聞いてもないのに言ってきて、長女は、次男が「キンドルファイアーでクレヨンしんちゃん見てた」と、聞いてないのに言ってきた。
長男は?
夜遅い時間。パソコン作業していたら、長男が、
僕の欲しい自転車どういうのか知りたいか?と言ってきた。知りたいと言う前に、教えてあげようかと言ってきたので、別に知りたくないけれど、知りたいふうにしたら、
パソコン貸してと言う。表示させるために。
今作業しているから、そのあとで、と言ったのに、作業終わってからさっさと閉じて、寝床へ行ってしまった。自分。
長男はきっと昨日、自転車ばかり調べまくってたんだろうな。

category: シングルママと子ども

tb: 0   cm: 0

2017/10/13 友人が結婚したと知り。  

子供たちも知っている私の友人が、嫁を貰ったという情報を得て、それを長女に言ったら、
「え・・・マジで。ずっと独身かと思い込んでた。へぇ・・じゃ、・・・~(長男)も大丈夫かもね・・・・」
長男に、友人が結婚したらしいと言ったら、
「誰と?」
誰とって、人間じゃないような言い方・・・・
知らないよ!そこまで。
「写真送れって言っといて」
何を思ってるんだろう、長男。

category: シングルママと子ども

tb: 0   cm: 0

2017/10/11 定期が切れてたことに怒り狂った日のこと。  

昨日の朝。次男が、支度した後、妙に静かだと思ったら、寝室のすみっこで、ゲームしていた。
朝ゲーム当然禁止だから注意すると、ほかの兄弟はスマホ持っているのにずるいと言って話をそらした。
ほかの兄弟も、中学でスマホ持たせてないと言うと、
あなたばかりパソコンやら端末も色々持ってててずるい!と言う。これは、こちらが、大人だから!自分でお金払ってるし、と返すのを分かっていて言っている。
「僕も自分でヤフオクで買っていい?」と、
これもわざと、こっちが、そんなのどうたらこうたらこうこうでしょう!!!とさらに怒るのを分かって言っている。
次男逃げ去り、こちらは、時間がないよと、慌てて支度。
次男とのやり取りの間に、長女から2回不在着信あったことに気付く。
こんな時間に・・・・凄い嫌な予感・・・私に何か持ってこい的な要件か?
また電話あり。
定期が切れてた。PASMOで運賃払ったということだった。
なんで前の日に言わない?!スマホばかり見て、大事なこと見てないと、怒りの炎!
夕方、青山一丁目で待ち合せて、定期を継続購入しようとしたら、できず。
東横線の駅で最初に買った定期は、メトロの駅の機械で継続できないと!
渋谷まで行かないといけないじゃん!
3カ月で1万6千円ちょいの通学定期。普通に往復だと700円以上するのが、通学定期はずいぶんお得。
それが、定期のケースに入れた定期の上に変なバカ娘3人ショット写真を入れて、日付覆っていたせいで、定期の切れる時期に気付かず、その日往復運賃払った上にまた渋谷往復とか、こっちはちまちま内職したり節約してるっていうのに!!!と怒りは強火に。
しかも、渋谷に、誰が行く?
仕事帰り、これからご飯も作るってのに、こちらに目も向けず、スマホ見て二やついているミニスカ制服派手リップ女子高生!
当然長女が行くべきなのに、こちらに顎を上に傾けて、私行かないもんアピール。
全くの柄じゃないけれど、これって、ひっぱたくか、スマホ取り上げて投げつけるかしてもおかしくないくらいの状況ですよ!!
歯がすり減りそう(心の歯)・・・・
悪態つくにとどめて、家にいったん帰ると、家では長男が掃除機をかけていた。
私の文句を聞きつけて、
「通学定期使えるのに高い運賃払うってバカでしょ、バカ!!」
と長男が言い、その定期を私が買いに行くなんて、
「甘やかしだ!バカゴリラに行かせろ!・・・」
私が行くことになったと知ると、
「・・・・まあ、あんたが産み落としたんだからな!」とあきれ顔。
買いに行って帰ってくると、サッカー見ていた長男が、
「あなたのゴリラ、あなたが定期買いに行っている間もスマホいじってただけで何もしてない」
テーブルの上にあった、定期入れに定期を戻す時、見るだけで腹立たしい定期入れに入れてあったおそらくチェキのプリントの上に、定期を入れた。
こんな気持ち悪い写真を定期の上に入れているから、こんなことになる!
と言ったら、長男が、その印字を見なくても、定期を使っていたら、期限切れる数日前から、自動改札通過する時に改札の方の表示に、期限切れるって出てくるんだよと・・・
「このゴリラはスマホしか見てないから!」と。
しかし、同じ路線なのに、長男の定期は青山一丁目で継続できるのはなぜかと思ったら、長男は赤坂見附の定期売り場で定期を買っていたから(つまりメトロ)なのだった。東急の駅でなんかで買うのが悪い!と長男が言うと、全く話聞いてないでスマホに夢中のようだった、長女が、最初に定期買う時に東急の駅で買ったママちゃんが悪いんじゃんと言ってきた。
そもそもは定期切れる前に更新しないあなたが悪いんでしょう!と、こちらは怒り継続。
やっとスマホから顔を上げた長女。
「私、韓国行きたい♪」
(韓流系の何かを見ていたところの模様)
・・・・・信じられないよこの人・・・・・
あっそうですか、行けば、勝手に行けば!
長男が、
「外国行って、帰ってくるな!外国で新しい飼い主に飼ってもらえ!・・・こいつ、日本国籍捨てさせろ。二度と日本に入れないように。国外追放した方がいい!」とか長女バッシングした直後に、テレビ画面(サッカー中継)に向かって、突然奇声というか奇音。
空気の抜けるような鳥の高い鳴き声みたいなのあげて、両ほほの下の方を両手で覆い、口を大きく開けて・・・ムンクの叫びのポーズで、目を見開いたり、瞼の皮膚を伸ばすように目を細めたり・・・目だけ、笑いつつ、左右に顔を振ったり瞬間的じたばたり。
・・・一応、癒し系なのだろうか・・・長男。

category: シングルママと子ども

tb: 0   cm: 0

永遠に続く宿題。  

浪人となった長男のひとり新学期が始まった。
無所属なだけに、行動は自分次第。
そんななか、親から見てかなり苛立たしいこと多々あり。
ただ、学校に通うという生活でなくなって、自分で考えないといけないことだらけ。
選択の必要があることも増えてくる。

そこで、なんで、もっと、ちゃんと考えてさっさと動かなかったんかい~~~!!!!
時間は待ってくれないのだ。
おかしいなと思ったら、なんで、さっさと対処しないんだ?!
ほっといても何にもならないんだよ?!
とか・・・
すぐ動かなかった、ちゃんと見通しつけて考えられなかった、、、といったことから起きることの
しわ寄せは、親にくる。

そこで、もう、怒り心頭になったとしても、そういう子供を育てたのは自分の責任。
子供が自分で考えられないとか、自力で出来ないとかっていうのも、
やってあげすぎたり、子供が考える機会を奪った親の責任。

子供の失敗、親は特に、ぎゃーーーっ!てなったらいけない。
だって、かなり、親自身のせいに思うもの。
自分の親も、お気の毒・・・

自分の失敗だ・・・と思ってあきらめて、人を責めず、よくしていこうと思えば、
失敗は本当に、有難い勉強の機会となる。

子供が大きくなるほどに、
ああ、自分のせいだよなぁ~~とあきらめること、増えたなぁ。
いい意味でのあきらめ。そこからまた努力して行かないといけないのだけれどね。
永遠に続く宿題だな。

category: シングルママと子ども

tb: 0   cm: 0

子供にイラ立つ母親におすすめな映画。  

先日、「リトルヴォイス」という映画を久しぶりに観たことを書いた。
季節の変わり目、学年が変わったり、学校が変わったり、生活が変わる子供達の様子を見つつ、
いいタイミングで、「リトルヴォイス」を観たな~と思った。
親がなんて言っても、子供は変わらない。
変えようとする親も、問題だ、、、。まずは子供より、自分を見て、変えたら?
そんな風に考えさせられる映画。

中学進学を前に、最後の甘えであって欲しいものだと思うほど、あれやってこれやってがもの凄く多い次男。
中学になったら、今より早起きしないといけないとか、勉強が増えるとか、今のように遊びほうけていられないということは、散々聞かされているだろうが、そのために、早起き習慣つけておこうとか、勉強習慣つけようっていう様子は全くない。
言うこと聞かず、やることやらず、好きなことやりまくり、
それでいて、こちらには、あれやれこれやれと、暴君状態。
こちらも、期間限定と思って甘えを聞いてあげれば、いきなりしっかりと変わるのではないかと期待して、、、、何度も裏切られているし、甘えがエスカレートする場合もあるし、甘やかすからこうなるんだ!みたいな指摘もあるのに、、、懲りない自分。
子供達、それぞれ性質が違うので、対応の仕方も、どれが結果的により良いものとなるのか、今の時点では分からない。
どういう状態がどのくらい続くかもわからない。

まだ20年も生きていないのに、人生やり直したいみたいなことを言う長男に、
いくらでもやり直しはきく、時間は戻せないけれど、失敗して、今度はうまくいくよう改善する努力していけばいい、と、言いつつ、意外と、十代後半って、人生左右する大切な時期だなあと思うのだった。
本人が思っている以上に、密度の濃い時間がどんどん過ぎ去って行く。
来月から中学三年生となる長女も、もうすでに後がないくらいに、波が迫ってきているというのを、現実的に分かっていないだろう。
楽しく笑って日々過ごしていけるかどうか。
やり直しはいくらでもきくはず、だが、、、、。
強風に負けない心があれば。

凄く好きなものがある子は、強いな。
何かを大好き!という気持ちを保ち続ける邪魔をしないことくらいは、
親が子供にできること、かな。

category: シングルママと子ども

tb: 0   cm: 0

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop