子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム »シングルママと子ども
カテゴリー「シングルママと子ども」の記事一覧

amazon

永遠に続く宿題。  

浪人となった長男のひとり新学期が始まった。
無所属なだけに、行動は自分次第。
そんななか、親から見てかなり苛立たしいこと多々あり。
ただ、学校に通うという生活でなくなって、自分で考えないといけないことだらけ。
選択の必要があることも増えてくる。

そこで、なんで、もっと、ちゃんと考えてさっさと動かなかったんかい~~~!!!!
時間は待ってくれないのだ。
おかしいなと思ったら、なんで、さっさと対処しないんだ?!
ほっといても何にもならないんだよ?!
とか・・・
すぐ動かなかった、ちゃんと見通しつけて考えられなかった、、、といったことから起きることの
しわ寄せは、親にくる。

そこで、もう、怒り心頭になったとしても、そういう子供を育てたのは自分の責任。
子供が自分で考えられないとか、自力で出来ないとかっていうのも、
やってあげすぎたり、子供が考える機会を奪った親の責任。

子供の失敗、親は特に、ぎゃーーーっ!てなったらいけない。
だって、かなり、親自身のせいに思うもの。
自分の親も、お気の毒・・・

自分の失敗だ・・・と思ってあきらめて、人を責めず、よくしていこうと思えば、
失敗は本当に、有難い勉強の機会となる。

子供が大きくなるほどに、
ああ、自分のせいだよなぁ~~とあきらめること、増えたなぁ。
いい意味でのあきらめ。そこからまた努力して行かないといけないのだけれどね。
永遠に続く宿題だな。
スポンサーサイト

category: シングルママと子ども

tb: 0   cm: 0

子供にイラ立つ母親におすすめな映画。  

先日、「リトルヴォイス」という映画を久しぶりに観たことを書いた。
季節の変わり目、学年が変わったり、学校が変わったり、生活が変わる子供達の様子を見つつ、
いいタイミングで、「リトルヴォイス」を観たな~と思った。
親がなんて言っても、子供は変わらない。
変えようとする親も、問題だ、、、。まずは子供より、自分を見て、変えたら?
そんな風に考えさせられる映画。

中学進学を前に、最後の甘えであって欲しいものだと思うほど、あれやってこれやってがもの凄く多い次男。
中学になったら、今より早起きしないといけないとか、勉強が増えるとか、今のように遊びほうけていられないということは、散々聞かされているだろうが、そのために、早起き習慣つけておこうとか、勉強習慣つけようっていう様子は全くない。
言うこと聞かず、やることやらず、好きなことやりまくり、
それでいて、こちらには、あれやれこれやれと、暴君状態。
こちらも、期間限定と思って甘えを聞いてあげれば、いきなりしっかりと変わるのではないかと期待して、、、、何度も裏切られているし、甘えがエスカレートする場合もあるし、甘やかすからこうなるんだ!みたいな指摘もあるのに、、、懲りない自分。
子供達、それぞれ性質が違うので、対応の仕方も、どれが結果的により良いものとなるのか、今の時点では分からない。
どういう状態がどのくらい続くかもわからない。

まだ20年も生きていないのに、人生やり直したいみたいなことを言う長男に、
いくらでもやり直しはきく、時間は戻せないけれど、失敗して、今度はうまくいくよう改善する努力していけばいい、と、言いつつ、意外と、十代後半って、人生左右する大切な時期だなあと思うのだった。
本人が思っている以上に、密度の濃い時間がどんどん過ぎ去って行く。
来月から中学三年生となる長女も、もうすでに後がないくらいに、波が迫ってきているというのを、現実的に分かっていないだろう。
楽しく笑って日々過ごしていけるかどうか。
やり直しはいくらでもきくはず、だが、、、、。
強風に負けない心があれば。

凄く好きなものがある子は、強いな。
何かを大好き!という気持ちを保ち続ける邪魔をしないことくらいは、
親が子供にできること、かな。

category: シングルママと子ども

tb: 0   cm: 0

手作りでお返ししようとしたホワイトデー  

バレンタインに、力作の手作りチョコを貰っていた次男。
その力作とは、同級生が作ってくれた物で、チョコを溶かして型に入れて、カラフルなつぶつぶなどで飾ったりしたものだったのだが、小さなカップ型のチョコに、まんまるのチョコがお風呂につかっているようにくっついていて、なかなかユニークであった。
あと、棒状のものもあり。大人の発想とは違って面白かった。
くれた子のお母さんから聞いたところ、どうやら、女の子向けの雑誌の付録で、そのような型がついていたらしい。
そういうの使って作ってくれるなんて、ありがたいね。
その子からは、前年も貰っていて、前年は、こちらも買ったものでお返ししたのだが、今年は、こちらも手作りにしようと思い、次男でも作れそうな、レンジで作れるチョコクッキーの素を買っておいていた。
さて、日曜日の昼。
その粉をボールにあけさせて、油を入れる段階で、、、、バターを溶かすとあったのを、
他の油で代用したのが事件の始まりである。
自分は以前、主婦だった頃、結構創作洋菓子を作っていたので、レシピ通りでないアレンジが好きで、、、ケーキも材料配分を買えたり、他の材料に変えてみたり。
ケーキでバターを使うときも、サラダオイルを使うレシピもあるから、今回も、バターを溶かすなら、油使っても大丈夫かなと、オリーブオイルを使ったのだ。
ヘルシー感と、香りの広がり狙いで、、、、

ところが、オリーブオイルは、こういう用途には向いていないのか?!
分量は守ったものの、全く生地がまとまってこない。
次男がうんざりして出かけたがったので、アイスボックスクッキーの要領で、ラップでくるんで冷凍しておいたら、生地がおちついてまとまってくれるかも、、、と、冷凍庫に入れておいた。

夜になって、さて、作ろうと、まな板に乗っけてみた。
、、、、固く作った泥団子のように、ひびが入って、ハラハラ崩れていく、、、、、

ダメじゃん~~~~どうしよ~~~~

手で混ぜながら、次男に、
油追加して!
卵!
牛乳!

膨らむ粉なら、こうなったらケーキに変更!

というわけで、混ぜて、カップケーキの容器に入れて、レンジに入れてみた。
(レンジ用の材料だったので。)
ぷわーーーーっとふくらんで、蒸しパンのようなものが出来た。
すぐに、しぼんだけれど、蒸しパン風である、、、、

は~~~、、、チョコ溶かすか~~~、、、

長女が、「私の型、貸してあげようかと、珍しく自ら言ってくれた。」
とりあえず、試食してみて、と子供達に食べさせてたら、

あ!味は美味しいよ!

、、、、というわけで、可愛い袋に小さなチョコ蒸しパン、三つ入れて、せめて出来立てを!
と、次男に持って行かせたのであった。

後日、ありがとう!美味しかったという感想は貰ったが、、、
うーーーん、名誉挽回、美味しいケーキ作りたくなった~~~
久々にベーキングパウダー買うかな~~~(ベーキングパウダーと小麦粉があれば、ばんばん作れるw)

category: シングルママと子ども

tb: 0   cm: 0

断水体制 断水料理  

昨日、自分が住んでいる建物全体、9~17時まで断水のはずだった。
仕事帰り、長女から電話あり。
断水が、工事中トラブルにより、18時までに伸びたと。

えーーーー、困るなー

と家の建物に着くと、工事の人がわさわさしていたので、
断水、何時までなのかと聞いたら、18時は過ぎると・・・・

帰宅して、お腹すいてる子供たちに夕飯を作らないといけない・・・・

フライパンに、マーボー豆腐の素(リケンのマボちゃん)を入れて、
木綿豆腐を2丁入れて、マーボー豆腐を作り、ご飯にかけて、マーボー丼完成。
(マーボー豆腐の素、クックドゥや、マボちゃんは、そのまま使えるが、
丸美屋のとか、銘柄によっては、水が必要。)

そのフライパンに、オリーブオイルと、エリンギを細切りしたものをたくさん入れて、
途中、卵も割り入れて、クレイジーソルトで味付け。
豆腐切ったり、卵割った時汚れた手は、ちょうど、そばにあった、湯たんぽの中にあった水を使用。
キノコ類は、洗わないで使えるから断水時、便利。
焼き海苔をちぎってかけた。

食事あと、工事の人が来た。
断水20時半まで延長・・・・・・

ぼさーーっとみんなでテレビ見てた。

あ、ばあばのうちの近くだ!
・・・スマップの香取慎吾さんが出てた番組で、実家の付近が出ていて。
怪しげな民家の飲食店とか、
ああ、あそこね、マレーカレーでしょ!
とか、高級老人ホームと言えば、サクラビアでしょ、24時間医療体制整ってる、、、とか
あーー、じいじのお墓のある寺が!とか
もうどうでもいいような感じなのに、みんなでぼやぼやと見てしまった。

シャワー浴びないと他のことする気が、、、とか言う長男・・・・
災害時とか、どうするんだ?!

しかし、水ってほんと大切ね、ないとカップ麺すら作れないし・・・
断水の時は前の日は一応浴槽に水貯めておこうとか、
ペットボトルに非常用の水、入れておかないと、とか・・・
(飲む用の水はいくらか常備しているのだが。)
改めて、水がないと困るもんだなーと、みんな考えさせられた。

20時半ちょっと前に、水、復旧。
家の近くに駅ビルあって良かったよ、まったく。(トイレ・・・)

category: シングルママと子ども

tb: 0   cm: 2

ものすごい汚い体操着の襟元の茶ばみを落とすには  

長男がだいぶまえに持って帰ってきた、ジャージと体操着。
体育の授業はあるのに、一年に一回位しか持って帰ってなかったのでは?

もう使わないから捨てて。あの学校思い出したくもない。
と言う。

臭いを嗅がないように、袋から出してみた。
赤だけれど、ヨネックスのカッコいいジャージ。
白いTシャツの素材も今時で、赤でヨネックスのワンポイント。

これ、捨ててって、勿体ないよ!と、開いてみたら、
Tシャツの首のところが、もう、、、、、、見るも恐ろしい、茶色ずんでいた。
皮脂汚れ。

息を止めて、洗面器に入れて、お湯を入れて置き、ちょっとあとで、キッチンソープでゴシゴシ。
ここで、ブラシとかあるとさらにいいのかもと思いつつ、ゴシゴシしていたら、もったり重い泡が出てきたので、ぼふぼふ泡を押しながら洗った。

すると、綺麗に白くなった!
漂白剤でも落ちないのではと思ったのに。
すごい!キッチンソープ!(生協で3個組みたいな固形石鹸)

ジャージは、洗濯機で洗ったのだが、洗い終わって見てみたら、しまった!
ジャージの襟内側のグレーの色の部分に、皮脂汚れの茶色が、、、、、、

あーーー、これ、見えるかなぁ、、、、

こういうの、干したらもう落ちなくなったりするし、しまっておいたら猶更、永久的にシミになるだろう。
洗った後だけれど、まだ大丈夫かな?と、
また、キッチンソープでゴシゴシしたら、、、、、

綺麗になった!!!!

ちょっと、感動ものでした。


オリブ キッチンソープ 130g 3個セット/暁石鹸

¥346
Amazon.co.jp

category: シングルママと子ども

tb: 0   cm: 0

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop