子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム »検証
カテゴリー「検証」の記事一覧

amazon

フロッシュがさらに扱いやすくなったそうだが・・・  

我が家の殺伐とした流し台周辺。
フロッシュの可愛いイラストとボトルがあると目立つ。
そこだけが、可愛くなるから。
子供達も大好き、フロッシュ。
アルコールフリーで、ボトルのリサイクルもばっちり。
リニューアルして、ボトルサイズも扱いやすくなった。
重曹プラスとブラッドオレンジが新しい仲間だそうだが、
ザクロっていうのも凄く気になる。

旭化成ホームプロダクツのキャンペーンに参加中



スポンサーサイト

category: 検証

tb: 0   cm: 0

やっぱり除菌ジョイかなあ。洗剤比較  

朝、久しぶりに気付いた嫌なこと。
スポンジがくさい?!

最近、マジカを使っている。
連続で除菌ジョイ使っていた時はちゃんとしたスポンジ除菌方法をとっていなくても、
スポンジのにおいは気にならなかった。

あー、やっぱりジョイの方がいいのかもなー。
ふと、娘に、ジョイとマジカ、どっちが好きかと聞いたら、マジカがいいと言う。
なんでかというと、香りがラムネみたいないい匂い。だと。
スプラッシュオレンジって書いてあるが。

ふ~ん、と思いながら、ファンデーションのパフを洗おうと、中央に垂らしたら、
すぐさま、垂らしたところが白くなった!
ファンデーションの油にすぐ反応!
水を加えてもみ込むと、あっという間にパフは白く綺麗になった、、、、
やはり、マジカは油を落とす作用は高い。
おかげで手指もカピカピなわけだが。
しかし、除菌では、ジョイか?

次は、ジョイとマジカの両方のメリットがあるような洗剤がでてくるのだろうか。
高機能を求めながらも、界面活性剤の問題も気にならないわけではない。
環境配慮しつつ、使い勝手も、容器のデザインもいいと評判のフロッシュも、最近、普通に店頭で見かけるようになったが。
ジョイやマジカといった高機能洗剤、これからも人間の我がままのために突き進んで行くのかしら。。。

category: 検証

tb: 0   cm: 0

乾燥との戦いが始まった(本音)。  

洗剤を替えたのもあって、指先ががっさがさになりだした。
ケバケバというか。
ちょっと前まで、除菌ジョイだったのが、マジカという油汚れに強力な洗剤に替えたところ、
やっぱり指にも強いのかなー、ささくれだらけになってきた。

【在庫限り】チャーミー マジカ フレッシュピンクベリーの香り 本体+つめかえ用(1セット)【チ...

¥430
楽天

マジカ、どぼどぼっと出る!と長男。
透明でサラサラなので、ほんと要注意。
しかし確かに油汚れものいくつも洗えるくらいの威力・・・。
その威力は、ジョイより凄いと長男談。
しかし手荒れは・・・
もう、手袋しないとダメだ。ゴム手袋。

ハンドクリーム、以前サンプル貰ったものを使ってみた。
ドイツの、フロレナというブランドの。これ、つけ心地良くて入り込んでくれるし塗り終えた後気持ちいいし、何より、香りが!お花畑な気分!とっても癒される香り。さすがドイツ!

フロレナ ハンドクリーム BIO カモミール 100ml/コスメティックジャパン

¥907
Amazon.co.jp

しかし、このハンドクリーム、予防的に軽い乾燥時にならいいかもしれないが、手荒れが進んでくると、おっつかない感じ。気づいたときに何度か塗ってみたが、よりよくするには力不足か、それとももっとしっかり塗ったり、夜のケアを頑張るか?

2週間ほど前か、突然鼻の両側の上の方、つまり両目の間から、鼻の横にかけてあたりに、突然細かい荒れ模様が出て、おでこにも若干・・・汗疹の時みたいな感じ。
不安定な季節だからか?慌てて対処した方法は、
普段のスキンケアの最後に、ユースキンを薄く塗る。
顔面に・・・
何もかもがひりひりするくらい悪化したら、普段の低刺激のスキンケアも使えなくなるかもしれないので、慌てて、ユースキン蓋技を二晩続けたところ、すぐよくなった。

やはり、乾燥でけば立ったところに埃が入ったりして、トラブル起こした模様。
たかが乾燥、と、若いころは思っていたが、乾燥から他の被害に広がるようになって、乾燥に超警戒である。

ユースキンは全身に使えてほんと便利・・・・もちろん手指も使えるし。

ユースキンA 120g [指定医薬部外品]/ユースキン

¥1,339
Amazon.co.jp

ドラッグストアで安売りの時に、買います!最安は税抜きで598くらいかなぁ・・・500円台から600円台で買いたいところ・・・近所の安売り薬局で、普通800円台かな。
ずいぶん値段に幅がある・・・
ユースキンに似せてある、メディカルクリームは絶対買わない・・・。
メンソレータムのリップクリームは買うけれど、メンタームのは買わない・・・そういうこと。

髪の乾燥は、ミノンの薬用シャンプーとリンスを使い続けていたら、子供に、艶が出てきたと言われた。実際、指どおりもよくなっている。
静電気でも髪傷むらしいね。洗髪後、オイルや洗い流さないトリートメントをつけてからドライヤーで乾かしている。それらのアイテムは検証中。
昔は、洗い流さないトリートメントも、後で手についた感じが気持ち悪かったり、
髪に汚れが付きやすいんじゃないかという感じだったが、最近はずいぶんよくなってきたように思う。スティーブンノルは結構良くて感心したが、ロレアルのオイルはなくなるの早かったなぁ。アジエンスのオレンジのボトルのは、効き目薄いと思ってうっかり根元に大目につけちゃうと、べったりしてしまうし、何かつけている感があるのがイマイチ。

あんず油ってのは自分の傷んだ髪にはまるで効果なしで物足りなくて、
普通の椿オイルは薄く使えばまあ、椿オイルの使用感その通り。
スクワランが半乾きの髪に馴染みよくて良いが、ちょっと高め。
オリーブオイルをほんのすこーーーしとって、伸ばすのも、椿オイルと同じような効果あり。
クナイプのビオオイルは、髪にも体にも使えるし、よく伸びて軽い使用感なので、秀逸。

以上、乾燥対策アイテムなど、ちょっと思ったことを書いてみた。。。


category: 検証

tb: 0   cm: 2

TSUTAYA、店によってずいぶん違う。  

自分が一番よく使うのは、赤坂のTSUTAYA。
赤坂サカスにある。
赤坂サカスって、名前、もう忘れられてるんじゃないのかね、、、、そもそもインパクトに欠ける。
私がそのTSUTAYAに行くのは、休日の午後だったり、平日の夜。
赤坂、大丈夫か?と思うくらい人が少なく、TSUTAYAもずいぶん空いている。
おかげで、見やすい。店内も広々しているし。
徐々に、ドラマコーナーが増え、本などの販売コーナーが広くなった。
同じ作品の枚数が多かったり、はやりものが多いので、古い映画でちょっとかわったのとか、ドキュメンタリーなどは少ない。
通常はレンタル料高いのだが、たまに、100円レンタルの日があるので、そういう時に利用。
大体、5~10枚借りる。7枚が多いかなぁ、、、、
5枚以上借りると、無料で郵送返却できるので、それを使うことも多い。
新しめで、広々としているのが、いいところ。

次に使うのは、六本木。
六本木TOKYOという、六本木ヒルズの方ではなく、アマンドがある六本木の交差点の近くで、地下にある、かなり古い感じの店。
店内も薄暗いというか、ボロ暗いのだが、なんか昔ながらのビデオ屋風で、落ち着く…。
赤坂よりは、品ぞろえの種類豊富な気がするので、品ぞろえ目的で利用。
店は狭いが、嫌な感じはない。狭くてきたなっぽい風(建物の古さのせいだと思う)が、むしろいいのかも・・・。

ミッドタウンの地下にもTSUTAYAがあるのだが、そこは本屋。
小さな本屋だが、新しい本がにぎやかに置いてあるので、あれこれ物色しやすいし、
待ち合わせ場所としても便利。

最近使い始めたのは、TSUTAYA 渋谷店。
なぜ最近、かというと、以前、本の買取を赤坂店でしてもらっていたのだが、赤坂は買い取りサービスがなくなったので、ほかに最寄りで買い取りしているところとなると、渋谷が一番近かったからだ。
しかし、買取査定は時間かかる!利用者が多いからみたいだが、、、、。
地下から直結で行ける店だが、渋谷のスクランブル交差点に面していて、スタバがあるせいか、特に一階は人がごちゃごちゃ。
夜に行っても結構混んでいて、レジも列が出来ていたり。
フロアごとに置いているものが違うから、探し回るのにも時間がかかるのだが(検索の端末はあるが。)、渋谷のTSUTAYAは他にないメリットがいくつかあった。

まず、旧作DVDは4本借りれば、1本あたり100円レンタルとなる。
そして、映画の古いのにしろ、いわゆるB級にしろ、辺境の国のにしろ、ドラマにしろ、種類が多いようだ。
長男リクエストのカンフー映画もいろいろある。
おかげで、滞在時間が長くなるのだが・・・・
最初行った時は、なんか空気悪い、煙草臭いような気もしたが、何度か行ってたら慣れた。
それにしても夜10時頃でも渋谷は人が普通にいっぱい・・・

それぞれのTSUTAYA、店員さんも店ごとに雰囲気違う。赤坂はきちっと事務的、六本木は統一感ナシ、渋谷は渋谷らしく普通にバイトっぽいいろんな人。何か聞いたときに一番頑張ってくれた印象あるのは、六本木かも。

本数借りたら郵便返却無料なのは、うちの近辺では赤坂だけみたいだった。
意外とそれ、使えるんだよなー。

category: 検証

tb: 0   cm: 0

リポソーム トリートメント リキッドを試してみた。  

リポソーム トリートメント リキッド
コーセーの長年にわたる多重層リポソーム技術の研究を活かした最新の化粧水である。



お肌の角層の中には、細胞間脂質を貯蔵するスペースがあり、そこを肌内キャパシターと呼ぶらしい。その肌内キャパシターが小さいと、細胞内脂質をたっぷりと貯め込めないので、よって、潤い不足の肌になる、と定義づけたそう。
そして、リポソームとは、タマネギ状に何重にもなった、リン脂質のカプセル。ものすごく小さくて、しかも多重構造のおかげで、肌の角層にしっかり届いて、じっくり働くらしいが、
この度、肌内キャパシターに働きかける、美容成分を含んだ新型リポソームを開発した成果が、
リポソーム トリートメント リキッドだそう。

コーセーの多重総リポソームの研究80年代から始まり、90年代からすでに商品として活用されてきていたのだが、
乳液の後に化粧水を使うという、揺らぎ肌に、より有効な使い方で使うように作られているところにも、技術開発を続けている姿勢が見えるような気がした。

リポソーム トリートメント リキッドの使用方法は、
洗顔して、乳液をつけてから、リポソーム トリートメント リキッドをひたひたに染み込ませたコットンでパッティングしていくやり方。



コットンに取り出す時、パシャパシャしていて、とろみは無いので、こぼさないように注意。
大判のコットンにもすばやく広がっていた。
角層に届けと念じながら、パッティング。
秋って肌が敏感になりがちだが、特に変な違和感や刺激はなく、さっぱり目のなのでつけ心地も気持ちよい。肌はみずみずしく、潤って、気持ちよい。

香りはハーバルスパイシーフローラルとあるが、現代的、サイエンス系の知的な香り、、、で分かるかしら、自立した女性に似合いそうな香りである。香りの強さは、かすかであるが。高機能化粧水のイメージ通り。
容器の見た目も大人かっこいい感じだし、形状も使いやすい。

コスメデコルテは、今、45周年記念サイトを開設していて、コスメデコルテについてのあれこれだけでなく、プレゼントキャンペーンもやっている。
まだ応募できますよ~。

歴史を紡ぐ、人々の想い 美トリビア45

まだ暑い日もあり、保湿ケアでどっさり色々つけるには暑苦しいので、美容液の効果もある高機能化粧水は頼りになるし、便利!
化粧水としては高めだけれど、美容液効果ありで最新の高機能化粧水を使うのは、気分も上がる!


コーセー様、ありがとうございました!

コーセー様に商品をいただき、モニターに参加しています。


category: 検証

tb: 0   cm: 1

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop