子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム »街探検
カテゴリー「街探検」の記事一覧

amazon

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

秋の有楽町から銀座、新橋。  

昨日、母と銀座に行った時の事。
昨日の銀座は、あら、今日人多い?と思うほど、いつもより人が多く感じられた。

沖縄や茨城のアンテナショップのある辺りでは、日本酒の飲み比べのスタンプラリーに参加しているらしき人々が、わさわさ。

交通会館のあたりの野菜市では、いつもよりちょっと野菜が高めであった。いつも100円のものが、130円くらいって感じ。
食べるほおずきが売られていたので、うちの母は、日本のほおずきをどうしたら食べれるのだと不思議そうにしていた。以前青山でも見かけたことがあったので、ああ、食べるほおずき、あるよね、くらいにしか思っていなかったが、母がお店の人に聞いてみたら、
日本のほおずきとは違う品種で、ナス科のものだという。
匂いはマンゴーに似ていて、小さめのスダチくらいの大きさで、値段は一個100円だった。

長野の秋映を目にして、あーー、去年買ったなぁ、プランタンのところでイベントやってて・・・と思いだした。
富山のアンテナショップでは、私の好きな富山のお米、「てんたかく」が売られていた。
「てんたかく」はいつも売っているお米ではないので、買いたくなったが、生協でもうお米頼んでいるからなぁと思い、買わず・・・。

資生堂の近くに、100円でコーヒーテイスティングと称して、コーヒーを一杯立ち飲みできるコーヒー豆屋さんがあるのだが、そこもいつもより混んでいた。

すぐ近くにある資生堂にちょっと入ってみたら、店員さんと客でぎゅうぎゅう・・・・と思ったら、銀座から新橋に行く途中の高架下に観光バスが何台も・・・・中国からの観光客の方々がたくさんいる時間帯だった模様。

何かを見ると、いつかを思い出す。また違う日につながっていく・・・春や秋は、特に気持ちに残りやすいような気がする。
暑いとか寒いといったことに気持ちのエネルギーを使わない分、感覚に余裕が出るのかな?
子供のことで忙しい季節でもあるから、気持ちに余裕はないけれど。


スポンサーサイト

category: 街探検

tb: 0   cm: 0

美術館梯子②ダブル・インパクト 明治ニッポンの美@東京芸術大学美術館  

マグリット展を見てから、上野に向かった。次に目指すは、東京芸術大学美術館である。
お昼頃の上野はすでに人がいっぱい。
上野公園の噴水の前も、人が並んで座っていて、休日らしい風景だった。
途中、ベンチでサンドイッチなど食べてから、上野公園をずんずん進んで行くと、
東京芸術大学の立派な煉瓦の塀が現れる。



ダブル・インパクト 明治ニッポンの美展。

ちょっと前に、インターネットミュージアムで見かけて、気になっていたのである。
来れて良かった!

内容は、ペリー来航によって、開国し、日本の美術が海外に知られた時、人気あったのはどういうものだったのかということから始まる。
海外に人気の物がどういうもの、というところから、日本の得意とするものがよくわかるし、海外にない、日本のいいところを改めて知れる。
外国人がやってきた頃の、日本側の反応についての錦絵なども面白い。
外国人から見た日本についての記録と共に並べられていた。
海外受けする錦絵を見つつ、彫師と摺師が凄いよなぁとつくづく感心。

工芸品も、海外受けするようなダイナミックなものに、驚くし、納得もする。

分かりやすい作品が多く、見る方も素直に楽しめる。

関節すべて動く人体模型はまるで魚の骨みたいだった・・・
竜自在という自在置物は、大きさも凄いが、動く金属置物って、どれだけ手間かけて作ったのやら!
楔帷子や鎧といったものを作っていた職人が、そういう武具を作らなくなって、代わりに始めたと聞いて、なるほどと納得。
ほんと驚くべき日本文化である。

後半に並ぶのは、海外から影響を受けて、自分の道を、外国人から指導を受けつつも、意欲的に進んで行こうとする作家の作品。

今、例えば海外の真似ばかりで、しかもオリジナルよりレベルダウンみたいなものが多いけれど、海外の真似、でなく、海外から影響を受けて、自分のスタイルをパワーアップさせていく・・・そういうものをたくさん見せられた気がした。

それにしても、文明開化頃の、和顔に洋服の女性の絵を見ていると、日本人、やっぱ洋服似合わないんじゃないの?と笑えた。
岡倉天心の着物姿像はカッコいいしね・・・・

もっと自信もって、日本らしく!
自分らしく!

そんな元気が出るような展覧会であった。
行って良かった。

母の感想は、日本美術凄いねぇ、見たかったものが見れて良かった。
それにしても、今は日本でこんなに色々海外の物が見れるなんてねぇ・・・
であった。

category: 街探検

tb: 0   cm: 0

展覧会梯子①マグリット展@国立新美術館  


4月29日の日記を書こう【GW特別企画!日記を1日書くごとに抽選会に1回参加できる】 ブログネタ:4月29日の日記を書こう【GW特別企画!日記を1日書くごとに抽選会に1回参加できる】 参加中
本文はここから



GW特別企画!アメブロ春の大抽選会
GW特別企画!アメブロ春の大抽選会


ゴールデンウィーク1日目。もうすぐ終わってしまう展覧会をまとめて見ることにした。
母をつれて。

最初に行ったのは、国立新美術館。


マグリット展

小難しい不思議風の絵に見えて、実は、思ったそのまんまを絵にしているのか。
正直な人だ。
お気に入りのモチーフにとことんこだわるのね。
親和性については、通してみると、なるほどと納得。
タイトルと絵の関連も、そう深く考えずとも、本人がふと思ったからとか、本人の個人的な考えをタイトルにしている・・・自分はただ、そう思った、そんな感じなんではないかと思った。
見る方からの言葉も求めていなさそうでいて、
それでいて、やっぱり家族愛に飢えていたのか?人間付き合い下手そうな感じがした。
気を引きたい子供みたいな面を感じたり。
商業デザインをやっていた人なだけあって、デザイナーの仕事っぽいおしゃれさがあり、
ミュージアムショップで売られていたグッズも、モチーフそのまんまで様になっていた。
同じ人の人生通しての作品展だと、若いころの熱意のこもった筆致から、
歳とってからの力の抜け加減なども感じ取れて面白い。

マグリット展、29日の朝から六本木界隈は人多く、展覧会も始まる前から人が並んでいたが、
最初の時間帯だけどさっと混んでいたのか、見終えて入り口前を通った時は、なんだか空いていた。

母の感想は、なんか、寂しそうな人だね、であった。

category: 街探検

tb: 0   cm: 0

ミッドタウンの混雑する季節  

新緑が気持ちよく、半袖の人の姿も見かけるようになってきた。
先週末は、六本木アートナイトという、夜遅くまでアートパフォーマンスがあったり、美術館が、通常より遅くまでやっていたり、街のあちこちにオブジェが置かれたり・・・といった、六本木界隈の恒例行事があった。

年々人増えて、自分の感想としては、イベントのカタログは見にくいわ、質より量になってきたように思う。
人、すっごい多くて、こんなにもみんな関心があるのかぁ、へぇ~~~~って、変な感心。

連休頃、ミッドタウンでは、パークヨガといって、芝生の広場の上でヨガを無料体験できるイベントがあるのだが、それも年々凄い人増えて、ぎゅうぎゅうである。
かなり前に参加したときの感想は、

とにかく、午前中のパークヨガは、紫外線が強い!!!

である。
夜ヨガもやってるとき、あったが、あれはいつだったかな。
とりあえず、昼のパークヨガは、混んでいるし、日焼け注意!

category: 街探検

tb: 0   cm: 0

真田堀の桜はこんなでした。  

桜は入学式までもたなかった。

桜、つぼみが膨らみ、咲き出し、桜吹雪となり、軸が目立ち出し、葉がどんどん大きくなり・・・
変化によって、色味が日々変わっていく。
周りを見回すと、ピンク赤系の花を追うように、黄色い花が生い茂り、
紫のスミレや、ハナニラの白もわーーーっと広がり・・
タンポポはもう綿帽子!

歩いていると、発見が多いし、考え事もできるのがいい。
時間が許せば、朝歩いて通過する永田町から四ツ谷間にある真田堀の土手。
赤坂御所から永田町に向かう、紀尾井坂の辺りから、土手の上を歩くと、
迎賓館や新宿のビルも見通せる。
今年は歩きながらもなんとなく大目に桜咲く真田堀の土手を撮っていたので、ちょっと紹介。


桜の咲く前の真田堀。赤坂側を背にして、前方は四ツ谷方面である。

土手を四ツ谷に向かって歩いていると、右側に上智大学がある。



かなり古い木なので、介助されている。


咲き始めの頃の桜。



松の木も多い。




これは先に貼った桜が、のちに咲き出したころである。枝垂れ桜。


四ツ谷を過ぎても外濠公園が続くのだが、それを抜けて市谷に向かうあたりの桜。
日当たりよい場所。水鳥がよく遊んでいるが、水はかなり汚くて、ヘドロ状になっていることもある。清掃の大きな機械が設置されている。

パラサイト桜・・・

これを過ぎるとすぐ市谷なのであり、一気に人が増える。
赤坂から紀尾井坂付近はほとんど決まった人しか歩いていないので、時間が同じだと、同じような人に遭遇する。
毎日にこにこ笑って歩いている、身体のふくよかな40代位の夫婦をよく見かけるのだが、必ず、にこにこ嬉しそうにしている。
掃除をしている人に挨拶してみたり、朝の空気を吸ったり。
緑のリフレッシュ効果をつくづく実感する年になってきた。

category: 街探検

tb: 0   cm: 0

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。