子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム »2016年10月
2016年10月の記事一覧

「おウチで気軽にできる代謝アップ講座」に参加した。  

温育フェスタ2016
森拓郎先生の「おウチで気軽にできる代謝アップ講座」を受けたメモなど。

エネルギー代謝を高めるためには基礎代謝以外に、熱を作りやすいエネルギー源を摂取するのが良い、
というところに、自分は関心。

低カロリーすぎると、体が冷えて、代謝が下がるし、筋肉も減って、代謝が落ちる。
そこのところ!

食事誘導性代謝を上げることについて、知って、実践したいと思っていた。
森拓郎先生のお話で、
食べた物を処理する肝臓が、代謝の中枢であり、
筋肉を増やすより、肝臓や腎臓の働きを考えた方が良いと聞いた。

正しい食事をしていたら、食欲もうまくコントロールされて、暴飲暴食に走らない。
食べてないのに痩せられないというときは筋肉が落ちて、熱を作る機能が落ちている。

同感!

全てが悪く回ると、食欲は上がるわ、食べてないのに痩せられず、
便秘になり、やたらとむくむ、、、、

って、自分だ、、、。

有酸素運動をし過ぎると、低燃費で済む体になり、やせにくく、太りやすくなる。
運動するなら、筋トレの方が痩せる。

体脂肪計付き体重計の計測結果は、食べた物の量や、体の水分量の増減に左右されるので、注意。

エネルギー代謝がうまく行きだすと
むくみがまずとれる。
体重はすぐ落ちないが、引き締まって来たり、
肌、髪、爪によい変化が!(タンパク質!)
怠さがとれて、動くのが楽に。
体温が上がりやすくなる。

↑森拓郎先生の資料に説明あり。

代謝を上げる食事したいねーーーー

さて、代謝を下げる食事は、
糖質と脂質のくっついた栄養の無い食べ物。
精製糖(砂糖、果糖ブドウ糖液糖)
、、、果糖ブドウ糖液糖は1番最悪の、代謝を下げるものらしい。
液だから、即行悪い効果発揮するし!
果物の場合は、糖分以外に繊維やミネラルもあるからまだいいが。

砂糖のものは、週2日運動していないなら、不要だって〜

揚げ物もダメで、ドレッシングや、トランス脂肪酸、パーム油注意。
特に、パーム油は植物性油脂として、あちこちに入り込んでいる。

糖分と、悪い油を避けましょう。体に炎症を起こし、代謝を下げるから!

代謝を上げる食事は、熱を作る食事。
動物性食品(肉、魚、卵)を優先し、穀物は米。
野菜は熱を作らないから、かさを増すため以外にはあまり優先しないでいいとか。
しっかりかむことが大事なので、食事中に飲み物で流し込んだり、一品のどんぶりものや、麺類は
避けた方がいいとのこと。

栄養の話のあと、関節を外側に回す運動を紹介してくれた。
脇の下や、肩甲骨周りを動かすのは簡単なのに、効果大きい感じはする。

とりあえず、
代謝を上げるために、タンパク質を徹底的に意識したい!

あなたのダイエットが失敗する理由

新品価格
¥1,404から
(2016/10/23 12:36時点)





スポンサーサイト

category: 体のケア

tb: 0   cm: 0

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop