子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » ふと。。。 »湯船に浸かりながら思想・・・②

湯船に浸かりながら思想・・・②  

弟夫婦のところには、4歳の一人息子がいる。
弟は、過労死かねないほど仕事が忙しいが、息子が小さなときから、夜中のミルクだのあらゆる世話に協力している模様であった。
専業主婦である嫁は、ファンタジーの中に生きているような方なので、子供を産んだことだけでも驚きの拍手もの。
私と同じ学年の早生まれなので、高齢出産頑張ったのである。
しかししかし、嫁は、あらゆることが、自分の想定範囲であることを良しとする。

くせのある髪が許せないから、絶対縮毛矯正。
背が低いのも受け入れられないから、必ず、厚底。
家の中は自分の好きなモノだけ置きたい。
綺麗、可愛いものが好き。
自分がどう見えるか異常に気になる。

以前、母は、弟夫婦と同居していたのだが、その間、嫁は一度もトイレ掃除をしたことがなかった。子供が一人増えた状態であった。
意見は言えないが、困ると泣き出すので、周りが折れる。
子供時代、色々あって、周りが腫れ物を扱うように、彼女を扱ってきたらしいことは、以前にちらっと聞いてはいた。
世間からしたら、なんで、そんなんと一緒に?!と文句も出そうであるが、おつきあいが長かった弟は、20代半ば過ぎで結婚したのであった。

それでも弟は嫁を大事にして、頑張っている。
嫁がしっかり者過ぎると、夫がダメになる場合もあるし、嫁が頼りないと、夫が頑張る場合もあるから、家族が仲良ければそれでいいと思う。

母にかかってきた電話の内容は、トイレのトレーニングが完了していない4歳の息子が、
部屋の中で、粗相をしてしまい、あちこち汚してしまって、嫁がパニックを起こして泣きわめき、
助けを求めてきた、ということであった。

・・・・む~。外でも家でも働き過ぎの弟に何かあったら、嫁さん、どーーーするんだ~~?

(続く)
スポンサーサイト

category: ふと。。。

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1002-7f992a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop