子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » ふと。。。 »湯船に浸りながら思想・・・③

湯船に浸りながら思想・・・③  

母の話によると、家の中で用を足してしまった4歳児にブチ切れた嫁の電話口での様子が尋常でなかったらしく、慌てて飛んで行って(と言っても、東京から神奈川への距離)、落ち着かせてきた、とのことだった。
居間で、母との電話のやりとりをしていたので、周りにいたうちの子供達にも、なんとなく概要が伝わったようだった。
嫌々勉強していた長女も、宿題やりかけだった次男も、ただ話に割り込む長男も、私が電話中に、横から話題をかっさらって、みんなでわいわい勝手に盛り上がっていた。

電話を切った後、野次馬連中がこちらに目を向けてきた。

・・・・。
長男なんて、なかなかうんちをトイレで踏ん張れなくて、カーテンの陰で豆うんち漏らして、そのまま遊んでて、部屋の中にうんちのかけら落としていた時代長かったし、
長女なんて、人の布団にまでまたがって、大の字になっておねしょ何度もやってくれたし、
次男なんて、納豆ゲロまき散らしたこともあったよな・・・・

あーーーーーあれは酷かった、納豆ゲロ!
・・・・って片づけたのおかーさんじゃん。あれ、大変だった、片づけるが。

次男が寝ぼけて、台所のゴミ箱を便器と間違えてタチションってのもあったしね~~

話題は、わさわさ盛り上がり。

4歳児が部屋でトイレ失敗しちゃったなんて、可愛いもんよ・・・

なぜかそこで次男が、
親だろうが~(それくらい我慢しろ)!と言い捨てた。

色々と疲れていて、一人目の子育て時、何かプツッとキレて、何が何だか分からなくなるというのはあると思う。タガが外れることもあるだろう。
自分を客観視出来ていたらまだいいが、
それが出来ないと、エスカレートする。
自分が知らない自分。子育てしなくても、自分を知れる人もいれば、
子育てという有難き修行の中で、知る人もいる。
知ったとしてもちょっとだけだし、それも受け入れられないかもしれないけれど。

子供の相手をある程度済ませた後、お風呂に入って、ぼーっと考えた。

しかしまぁ、あれこれたらされたり、吐かれたり、子供に鍛えられて、寛容にもなるもんだ。
・・・子供のならまだしも、大人の排泄物の処理となると、もっと大変じゃん?

(続く)
スポンサーサイト

category: ふと。。。

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1003-4f4ed829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop