子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » 子育て問題 »子供のことで指摘された時

子供のことで指摘された時  

アイコンママブロネタ「成長記録」からの投稿


前の記事に、長男が幼いころによその子をどついていたことを書いた。
ある時、とある男の子にどついた。
その子の母親は、一人息子溺愛で知られていた。
案の定、めちゃくちゃ怒られた。
怪我したらどうするのよ、危険児過ぎるに始まり、日頃から、お宅の教育はどうなっているのだ、
子供に何を食べさせているのか、などなど、
公衆の面前で、激しく説教される始末。
もちろん、母親である私が。
4歳児の息子はよくわからないまま。

その時、やはり落ち込んだ。
長女がお腹にいたのもあり、マタニティブルーのせいにしたいくらいにがっくり。
どついた息子が悪いのであって、その教育がなっていないと言われるのはもっともで。

しかし、落ち込みつつも、そこまで言わなくてもとか、
自分は出来るだけのことはやっているのに、どうにもならない、
それでも、子がいる親は、子どものことで、自分自身を否定されるものなんだ、
一体どうすればいいって言うんだ?という
自己憐憫な部分が大いにあったと思う。

子のことで責められると、自分が揺らぐ。
普通に、しれっとした顔で生きているのが恥ずかしい。
そんな気になるものだと初めて体験したのはその時だった。

今は3児の母になり、ずいぶん歳もとったが、
その時はやはり、子どもと自分を同一視する部分が強かったんだなぁと思う。
自分も若く、距離感取るにも、初めてのことで、測りずらく、
子も幼くて、自我があっても、まだ母親に引っ付いているような時期だったからかもしれないが。

その時のダメージ感は、自分でもかなり衝撃的で、心に残った。


スポンサーサイト

category: 子育て問題

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1023-66d9862c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop