子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » ふと。。。 »やっぱりむやみに薬飲むのは危険と思った件。

やっぱりむやみに薬飲むのは危険と思った件。  

気に入った、というか、好みか、または安心できる食べ物しか欲さない、長男。
偏るだろう!と実家の母が、サプリメントをくれることがある。祖母から孫へというわけだ。
ネイチャーメイドの、マルチビタミンみたいなものを時々くれるのだが、長男は嫌がる。
ネイチャーメイド マルチビタミン 100粒/大塚製薬

¥1,814
Amazon.co.jp
ニキビ予防にもなるし、気にしている首こりにも、目にもいいぞと言って、なんとか飲ませるのだが、嫌々飲んでいる。粒が大きいだの文句言いつつ。

すぐ薬薬と言う長女と違って、長男は、薬まみれということ自体嫌な様子。

先日、自分が健診に行った時、医師との話で、ピロリ菌のことが上がった。
自分は昔、十二指腸潰瘍になっているし、実家の家族も胃が良くない傾向。
父親は、十二指腸潰瘍、胃潰瘍が慢性化していたし、母もよく胃を悪くしていたし、母方の祖母も、胃がんだったし。

ピロリ菌に関する医療にかかりたかったら、胃カメラ飲まないと保険が効かないと聞いたのだが、以前に、ピロリ菌の検査方法に選択肢があるようなことを聞いたことあったので、調べてみようと思った。
その際に、先に目についたことがあった。
さてピロリ菌がいると分かって、治療という段階のことである。
除菌の薬が効かないケースというのがあり、
そこにあったカタカナに目が留まった。
ピロリ菌は、クラリスロマイシンに耐性があるって・・・。

クラリスとかクラビットとか、よく目にする薬品名だからだ。
クラビットは、ものもらいの時に、点眼薬でよく貰うような。
クラリスは風邪の時などよく貰う気がする。
どちらも、家族全員よく処方される。
クラリスについて調べてみたところ、病原菌の力を弱めるらしく、いろんな病気に対して処方されるみたい。
肌に対するステロイドだと、目に見えるからか、結構用心されるのに、クラリスなども連続使用などきっちりしないとダメとか、使用方法もちゃんとしないといけないはずが、分かっていない人多いのではないかしら・・・。

今まで長く、よく考えもしないままに受け入れてきたのだろう。
日本では、ずいぶん処方されてきたため、細菌に耐性ができてしまっているようで。

薬と耐性。初めて知った時はびっくりしたが、次から次へと開発されているようで、
効かなくなったら、違うのを!ってどんどん進んでいるみたい。

そもそもは、薬ばっかり用いるからそういうことになる・・・

ピロリ菌の治療の件で、ピロリ菌除菌第二段階で使う薬はアルコールの代謝を妨げるということにも、あれっと思った。
アルコール依存症の治療の時に使われていた抗酒剤。まだ使われているのかな。
あれも、肝臓がアルコールを代謝するのを妨げて、めちゃくちゃ気持ち悪い状態に体をおくんだよね・・・。

薬って、、、、怖いね・・・考えて服用しないとだなと改めて思った。
薬嫌いの長男の方が正しい反応か・・・。

次男が最近もらってきた、ブルフェンという薬。これ、なんか、甘い~と言っていた。
翌日、長女が、
ブルフェンいいなー、甘いんだよね~。

薬はやっぱり苦い方が正解かも・・・
スポンサーサイト

category: ふと。。。

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1045-3e7f1813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop