子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » ふと。。。 »中年で愛だの恋だのを歌うこと

amazon

中年で愛だの恋だのを歌うこと  

アイコンママブロネタ「日々のできごと」からの投稿


先日のWoman Expo2015での岸谷香さんのトーク&ライブの時のこと。
岸谷香さんの、思春期の息子さんのムスっとした話や焼肉か寿司でしかつれないといった話や、小6の娘さんと旅行したとか娘さんがお父さん大好きみたいな話を聞きつつ、間に入った歌。
のびやかに、恋愛心的な歌詞を歌うのを聞きつつ・・・正直言って、恋愛的なフレーズは、自分の心にはまったく触れず、自分を透過するか、はじいてしまう感じだったのだが、
お母さん歴も長くなって、こういう歌詞ってどういう気分で歌えるものだろうかと不思議に思った。
トークの時に、普段もそんな(色っぽい)声で生活してるのかと聞かれた岸谷さんは、失笑して、
そんな声でって、声はこれしかありませんからっ、だけどこんな情感こめて子供に話しかけませんよっといったことを言っていた。
だから、歌の中で位は、そういうロマンチックな感じになれるというのを楽しんでいる様子。

楽しみ方のひとつだよな。そういうのも。

声って、声帯も老化して、低くなるって、最近よそで音楽家の人からも聞いたのだが、岸谷香さんは声の高さも変わらないそうで、それは周りにも言われる模様。
主婦生活をしていた期間が、うまく、声帯を保持する期間ともなったようだ。
社会復帰、焦る人などもいるようだが、維持したりケアしたりという時間ともなりうるもんだなぁ。
日々の積み重ねは大事だろうけれど。

スポンサーサイト

category: ふと。。。

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1179-caab47ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop