子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » 長男 »奨学金の申請用紙を書きながら

奨学金の申請用紙を書きながら  

そろそろ締切だ、ギリギリじゃなんかあると怖いから、と、先日、長男の大学進学(受かるかまだ分からんのだが)のための奨学金申請書類を用意していた。
役所からの書類も準備できたし、あとは、入力のための下書きを書くだけ。
私一人でやった方が早そうだが、こういうのは長男本人の問題なのだから、やらせないと、と思い、
分かる範囲内で、長男に書かせた。
分かんないところは空けといてと言ったのに、いちいち音読して、聞いてくる。

長男が書き終えて、あとはあんた、と言って渡してきた。

きったない字だなぁ・・・と言いつつ、質問事項を読むのだが、これまた字が小さく、記入欄もとても小さい。
やけに時間かかり、しかも自分も早とちり間違えしまくった。

字が汚くて、理解力もいまいちで、一般常識にも欠けて、書類柿にも慣れていない長男の方が、若者というだけで、私より、敏捷なのか?!
あのグータラ長男であっても・・・・

若さの凄さと、老化の不便さを感じた出来事であった。
若者、がんばってくれい~!
スポンサーサイト

category: 長男

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1197-886f9153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop