子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » ふと。。。 »カスミ目で眼科。薬局で30年以上ぶりの再会。

amazon

カスミ目で眼科。薬局で30年以上ぶりの再会。  

先日、奨学金の書類を書いていたときに感じた、見づらさについて書いたが、その時、自分が書いた字までも見づらくて困ったので、これは、疲れ目用の目薬なり、何か今から処置をした方がいいような・・・と感じた。
老眼は仕方ないにしても、まだまだ目には頑張って欲しいから、老眼による見づらさを感じたなら、何か対策して、より悪くしないよう気をつけたいものだ。
というわけで、見づらかった翌日、つまり昨日だが、仕事帰りにギリギリで近所の眼科に行った。
検査してもらった結果、やはり単純に老眼のようだった。

緑内障とか白内障とか、黄斑変性症とか、老化に伴う目の病気は色々ある上に、早期発見が大事だから、ただの老眼と分かっただけで、まぁ良かった。
一応老眼鏡用の処方をしてくれたが、先生曰く、体調によっても数値変わるから、眼鏡屋さんに処方を持って行ったら、そこでまた検査してもらった方がいいし、処方通りのものでも合わないと感じたら、メガネ作っちゃだめですよ、と。
老眼って進むんですよねぇと聞いたら、2年くらいで変わって行って、60くらいには落ち着くようなことことを言っていた。
もちろん、目安、なわけだが、あんまりしょっちゅう数値変わるなら、レンズ作るタイミング考えてしまうもの。
疲れ目とドライアイ用の目薬を処方してもらい、同じ建物内の薬局に行った。

そこで薬を渡してくれた薬剤師さんの顔が、どうも見覚えがある、と思って名札を見たら、おや!と気づいたのとほぼ同時に、相手が、
ねぇ、もしかして・・・しょうちゃん?!と言ってきた。
そういう呼び方は、中学時代までの友人である。
私の漢字での名前と、読みがちょっと通常ではないので、その友人は、処方箋見て、おや?、これって!と気づいたらしく、でも、私の方が、その友人のこと気づかなかったら・・・と思いつつも、やっぱり、と思って声かけてくれたらしい。
彼女も、ほんと、顔立ちが変わらず、数少ない中学時代の友人の中では、接触もあった方だったので、名前を憶えていた。
薬剤師さんとか似合いそうな、知的でまじめな人である。
それにしてもびっくりだ。なんせ30年以上ぶり。
同級生とか、中学時代の友達、会わないよねぇ!としばしきゃっきゃと喜び合った。
そういうのもいいものである。

貰った目薬の説明書きを家で見て、二つあったのだが、その値段の差に驚いた。
ドライアイ用の目薬が、ビタミン入りの目薬の4倍くらいの値段なのである。
ちなみにドライアイの方のは、ヒアルロン酸入り。
あーー、お肌と同じだな・・・

翌朝、長女が朝食を食べつつ、テーブルの上にあった私の薬の説明書きを見て、
おかーさん、この目薬、すごい値段が違うよ・・・・!
と。
市販品を買っていた時には、ただ安いか高いかくらいしか気にしなかったが、目薬だって、成分と値段、大いに関係あるもんだなと気づいた。
外で買う時も、気を付けて見てみよう。

それにしても、旧友との再会が数えてみたら30年越えてるって・・・・そりゃあ老眼にもなるよな。
スポンサーサイト

category: ふと。。。

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1198-25c97043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop