子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » 映画 »長男にとって、観て良かった映画となったらしい「GO」

amazon

長男にとって、観て良かった映画となったらしい「GO」  



窪塚洋介さん、運動能力高いなー、かっこいいな。
演技はまあ、微妙なところもあった(漫画っぽくなる)が、
両親役の山崎努さんと大竹しのぶさんも、良くて、面白く観れた。
監督も脚本家も、珍しく長男が知っている人だった。
展開のテンポがいいので引き込まれる。
在日の主人公を軸に、色々と起きるわけだが、ありそうなことだったり、知らないことだったり。
広く見るというきっかけにもなるし、例えば高校生の長男なんかにとっては、
考え方のヒントになるようなこともあるだろうし、友情のこととか、共感できるのだろう。

先に見ていた長男が、何日も、いい映画だったよとうるさく、私に、見ないの?としつこかったので、夕べ見たのだが、かなり集中して見てしまった。

自分にどうしようもないこと。だけど、こだわる必要のないこと。

今朝、乗り換えた電車が遅れて、時給労働者な自分にとっては腹立たしい遅延だったわけだが、
自分のせいでないのに迷惑被って損した!って思ったとき、どうしようもないのに、損したって思うのことに心取られて、
あ、どうしようもないことこだわってどうするんだ?
と思った。
例えば、生まれとか、こだわりなければ変えられるけれど、基本的にはどうしようもないこと。
世のなかにはたまにの、どうしようもないことだけでなくて、ずっとついて回る、一緒にやっていくしかないどうしようもないこともいっぱいあるんだよなぁ、
いちいち詰まらないこと気にしてて、どうする・・・とふと思った。

映画の「GO」はちょっとコミカル過ぎるようにも思えるが、それでも、言いたいことは伝わったので、重すぎなくてちょうどいい演出なのかもしれない。
後あと、また長男と、話すことになるだろうと思った。
スポンサーサイト

category: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1274-675a1e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop