子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » 体験 »エリクシール シュペリエル を使ってみた。

エリクシール シュペリエル を使ってみた。  

お盆過ぎて、秋を感じさせる日があると思ったと同時に、お肌が乾きだした、、、、
保湿ケアの季節である!

昨年秋にリニューアルして、人気があると聞いていたエリクシールのスキンケア商品。
エリクシール シュペリエル。



エリクシールについて詳しくはこちら

エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション W (化粧水)



エリクシール シュペリエル リフトモイスト エマルジョン W (乳液)



今回はしっとりタイプのⅡをモニターさせて頂いた。

ローションは、容器から取り出すとき、とろっと感が強いように見えたが、コットンにとってみると、それほどどろどろはしてなくて、むしろサラサラ・・・パッティングしたらスムーズに肌に馴染んでいった。
とろみの馴染みやすさが、特徴らしいが、その通り。浸透が良いみたい!
透明っぽいローションに比べて白っぽくて濃そうな乳液も、思ったよりも肌に入りやすく、つけたてはぺたぺたするものの、しばらくすると、気にならない感じ。

香りは、ローションの方が強く、スパイシーさと石鹸のような香りで、甘さはなく、大人の女性っぽい香り、、、、と思ったら、内容は、ローズ、ジャスミン、ミュゲ、フリージア、ウォーターリリィなどのアクアフローラル系と、イランイラン、そしてローズマリーの精油とのことで、なるほどである。エマルジョン(乳液)の方が香り軽め。
いずれにしろ、つける瞬間は香るが、しばらくしたら、香りは薄まるので、邪魔にならない。

高機能薬用化粧水、乳液である、エリクシール シュペリエル リフトモイストは、
最新のコラーゲン研究が活かされているらしいが、その内容は、
マンダリンオレンジからとったチンピエキス、
イノシトール成分、オリーブ葉エキス、酵母エキス、
そして水溶性コラーゲンを使用というもの。保湿成分としてグリセリン。
ちなみにイノシトールことイノシットとは、細胞成長成分であり、ビタミンB群の一種らしい。
栄養ドリンクなどにも使われているよう。

コラーゲンと上記の独自成分が、素早く浸透して肌の角層に染み渡り、内側から肌をふっくらさせることで、大人のお疲れ肌に張りと弾力を取り戻してくれるというわけである。

実際、つけた瞬間、肌がみずみずしくなり、肌がつやつや明るく見えた。
エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション W (化粧水)、
エリクシール シュペリエル リフトモイスト エマルジョン W (乳液)、どちらも詰め替え用が売られていて、高機能薬用スキンケアの割に使いやすい値段なので、日常遣いしやすい。




続けて使うことで、肌自身がしっかりふっくら実感できると嬉しいですね!
価格的にもお母様にプレゼントするにもいいかも。

資生堂様のモニターに参加しています。
株式会社資生堂様、ありがとうございました!



スポンサーサイト

category: 体験

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1292-c261ae11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop