子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » スポンサー広告 » 長男 »明日はあのめんどうなこと

amazon

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

明日はあのめんどうなこと  

新学期始まって、長男がよくぶつぶつ言ってくること。

明日はあのめんどうなのいるから・・・

何?

弁当。

夏休み中、よく次男の弁当を作っていて、夏休みが終わるから、弁当作りから解放されるなーと言っていたら、
でも二学期始まったら、僕の弁当がいることになるから、などとぼそぼそと言っていた長男。
しかし長男の弁当と、小学生の弁当は話が違う。

小学生の弁当は、周りの目があり、大人の目もあるので、あんまり品数少ないとか、毎日同じ過ぎると、それについてコメントされたり(おにぎり大きいねとかはよく言われたことある模様)、
本人もまだ、ファンシーな心だから、寂しい弁当では気持ちも寂しくなってしまって気の毒。

しかし、高校生・・・・
自分の頃も、美人の女の子が、漬物入りおにぎりをいつも自分で作って持ってきていたのや、
愛母弁当を毎日目立たせて(見事過ぎて目立ってしまう・・・例えば、アルミホイルにくるまれた、厚切りピザトーストとか!)心ひそかに嬉しそうなマザコン男子、
何段重ねだよってくらい大量のごはんとガテン系おかず持ってきていたラグビー部の男の子、
小さなお弁当の中身を悟られずに食べる女子、
などなど超シンプルから豪華まで多彩だったと思う・・・あんまり覚えてないし、見てもいないが。
(厚切りピザトーストと、いつも漬け物おにぎり、その二人のくらいしか・・・)

ちなみに自分は、ベーグルサンドなど作っていたのは覚えているが、他は何を弁当にしていたか忘れた。
学校に、パン屋さんが昼前位からパンを売りに来ていて、そこでお気に入りのパンを買いたかったから、お弁当は適当だったのかと思う。
パン屋は、当時、四ツ谷にもあった「浅野屋」である。(当時はそんなに高くなかった!)

さて、長男の学校にも売店はあるが、入学したときに先生が言っていたことは、
弁当などは売店に一番近いフロアにいる三年生が買ってしまって、一年生は買いそびれることもあるので、なるべく持ってきた方がいい。とのこと。
売店で何か食べ物を選んだりすること自体苦手な長男。自意識過剰か?
おにぎりだけ作ってくれと言って来たので、毎日ひたすら、おにぎり二個。
文句があるとすると、

大きすぎる。

くらいで・・・。学校の昼なんてくつろいで食べれるわけじゃないんだから、と、お昼ご飯は最低限でシンプルが良いらしく。

あんたの弁当なんて面倒じゃないから、と心の中で思いつつ、特に何も言わないでいたら、

僕の弁当作るのも、あと少しの間だから。3学期はほとんど学校行く日ないし。あんたもよく今まで毎日のように弁当作り続けてきたねぇ。

などと労われた。
ラップでおにぎり二個ぎゅっぎゅ(中身はワカメご飯の素みたいのとか、ふりかけとか、梅干とか、適当に変える)と握って、タッパーに押し込んでを繰り返してきただけなんですけれどね・・・。
長男は、胃を掴まれたらいちころなんじゃないかとふと思ったり・・・。
スポンサーサイト

category: 長男

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1305-948a3080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。