子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » 映画 »おとぎ話、絵本だと思ってみればちょうどいい。「ザ ロイヤルテネンバウムズ」

amazon

おとぎ話、絵本だと思ってみればちょうどいい。「ザ ロイヤルテネンバウムズ」  



ウェス アンダーソンの映画は、「ダージリン急行」が気に入った後、何本か借りているのだが、これといって、ああ良かった、見て良かったーという想いにはなれず。
長男も、横で、また変な詰まらなさそうなのを見ていると言って来たので、君も好きな「ダージリン急行」の監督だよ、「ムーンライズ キングダム」と同じく、と言ったら、ちょっと興味を示したが、これはどうもつまらなかった模様。
流血のシーンにはキャーキャー目を覆って反応していたが。
「ムーンライズ キングダム」と雰囲気や音楽の感じが似ていると、長男は言ったので、意外と印象に残っているのだなとは思った。吸収のいい時期だからかしら。

自分の世代だったら、ジーン ハックマン他、有名俳優がたくさん出ているので、おかげでのんびりと見れる・・・・けれど、広告文にあるような、絶賛!!などというのは、、、、見る側が、こうあって欲しいという思いと、映画がマッチしているからなのかなあ。
自分の気持ちにはマッチしなかったけれど・・・。

まあ、結果的にいい話として落ち着くので、夜寝る前に見るには悪くない。
葬式のシーンなど、長男が、こういう風な葬式になるっていうのは、いい終わり方だよね・・・と言っていた・・・ただ、静かに家族が集まってくれたという葬式なのだが、いい終わり方、というのは自分もそう思った。
スポンサーサイト

category: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1317-d8827c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop