子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » ふと。。。 »大江健三郎氏の講演の余韻

大江健三郎氏の講演の余韻  

大江健三郎さんの、ギュンターグラス追悼講演を聞いてきた。
ノーベル文学賞受賞作家なだけに、大盛況。
緊張感を持って、耳を澄ます聴衆。
最初の、ギュンターグラスと自分についての話は、もうだいぶ話したような気がするから、もういい?みたいなことを言っていたが、途中から、スイッチ入ったようで、自分の思うことを言い始めたら止まらなくなった、大江健三郎氏。
戦後70年経っても変わらない天皇制の存在のことや、ずっと米軍基地があることなど、改善されない日本についての言及が止まらなくなった。

戦争というのは、戦争に至った経緯があるわけで、戦争に至る考え方があるわけだ。
戦争した過ちのバツを日本はあまり受けずに、あいまいなまま、へらへらと今に続いているというのはどういうことだと。原爆とか沖縄でのことは、確かに、大きな罰として受けたのに、それでも変わらないままでいられる日本。日本人って自己批判、反省しない人種?といった感じの流れに。

時折質問を受けても、回答内容は質問を殆んど無視。で、自分の言いたいことを言い続けていたので、周りも困っているようだった。
もう80歳だし、同じことを何度も言うのは、ちょっとぼけちゃってるんじゃ?と思った人も多かったのでは。
戦争の責任をちゃんと受け入れないと、日本のこの先もダメというのは、
やったことをちゃんと考えて受け入れたうえで、その償いをこめて、しっかり周りに対して、貢献できることをしないといけない、そういう方向性がないと、日本に、日本人に進歩はない(考え方に)ということかなぁと思った。
ドイツなんかは、そこらへん、凄い努力しているもんね・・・
日本が、あいまいなままでいられるのは、やはり海に囲まれているせいはあるだろうなぁ。

難民問題、難民を日本はどんどん受け入れるべき。とおっしゃっていたのも納得できる。

自分のような80のおしゃべりな年寄りの為にこんなに人が集まってくれるのが不思議だとか、
自分の話は意味もあるかどうか分からないとか、自分は全く行動してませんよとか、
自分の話に人の関心が集まることは不思議、そこにいる自分が恥ずかしい、などともおっしゃっていたが、そんな、思ったことを人に対して恐れずに言える大江健三郎氏だからこそ、
話を聞きたいと思う人を引きつけたのだろう。

実際、大勢の人前で、原理主義的ともいえることを堂々と、相手を無視して言い続けるという状態、なかなかないと思う。

正しいとか間違っているとかはともかく、はっきりした意見を聞ける機会も少ない。
自分たちと違う視野、世界観を持っている人の話を聞くというのはこういうことか、と思った。
大江健三郎氏は、ギュンターグラスの世界観という言葉を何度も言っていたが、
世界観・・・自分にとっては日常にない言葉だ。

話しだしたら止まらず、人の質問も無視、同じこと連発・・・その様子に、歳とったら、まわり見えなくなっちゃて、もともと強く持っていたところばかりが強調されちゃうんだよ、とか、
80でしょ、ここまで来るのも大変なんじゃ、、、と言ってた人もいた。
ノーベル文学賞受賞作家でも、どんな明晰な頭脳の持ち主でも、年老いていくし、死んでいくんだよなぁ、どんなにいいこと考えたって、ボケたりして何もわからなくなったりするしなぁ、歳とったら人前にでるもんじゃないな、、、なんて思ったりした人もいるかもしれない。
しかし、大江健三郎氏の話は、後からじわじわと来た。

何度も何度も異常に何度も言ったのは、ボケのせい(も多少あるかもだがw)じゃなく、本当に強調して、伝えたいことだったから、じゃないのかな・・・と。

私は生き直すことはできないが、私たちは生き直すことができるといった意味の詩を書かれていたそうだが、まさに、その通り。
大江健三郎氏の言葉を聞いた人たちが、これからをよりよくしていくことにつなげていかれるかどうかということ。

自分ができることはなんだろう。
スポンサーサイト

category: ふと。。。

tb: 0   cm: 2

コメント

1. 心に残る講演

でしたね。私も講演では言いたいことを言っているのでそう思われるかも。あとからじわじわくる講演なんて聞いたことがないです。人間力が高く個性のある人間って最近あんまりいないよね。
みんな同じでないと…て感じですよね。
すぐ叩かれる・・・。

管理栄養士  コーゲヨーコ #79D/WHSg | URL
2015/10/30 22:29 | edit

2. Re:心に残る講演

>管理栄養士  コーゲヨーコさん
コメントありがとうございます~!
叩かれるから、言いたいことを言っていない、無難なことや一般的に受け入れられそうなことや、利益に通じること(広告っぽい)しか言わない講演はほんと多いですね。
この人変かも~~?!と思うほど、個性のある講演は、気になって後から意味が分かって来たり、、、個性があり、世界を相手にしている感じの日本人の先輩方の講演は、希望の光を感じます。
日本人でありつつ、国際人である、、、本当に双感じさせる人は少ないですね。
海外行っているから国際人というわけではなく、世界レベルで考えている、というか、、、
色々考えさせられ、ありがたいです。
コーゲヨーコさんの講演、人のためにという気持が通じれば、同じことや自分の言いたいことの繰り返しであっても、それがより、この人のいいたいことなんだ!って受け入れられて、聞いた人の役に立つと思います~!
がんばってくださいね!!

life-writer #79D/WHSg | URL
2015/10/31 09:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1363-495ad62d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop