子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » 体験 »湯たんぽに穴!?・・・湯たんぽ色々考察

湯たんぽに穴!?・・・湯たんぽ色々考察  

湯たんぽ愛用者である私。
子供の頃は、ストーブの上で湯気を出していたやかんのお湯を、鉄製の湯たんぽに入れて布団に持って入る母を見ているだけだった。
自分が湯たんぽを貸してもらえるのは、病気の時だけだった。
母は、電気あんかも持っていて、その質感・・・化学繊維っぽいものが貼られた外側がやけに印象に残っている。外側だけほにゃほにゃしていて、古風な赤色だった。
高校生くらいの頃か、母が、プラスティック製みたいな湯たんぽを2つ購入。
時々貸してくれるようになった。
オレンジ色のプラスティック製で、固くて、カバーつけてもゴツゴツ感・・・。

その後湯たんぽからは遠ざかっていた。
数年前に、友達が、コムデギャルソン系の店(表参道のGYRE・・・ジャイルビルにある。今もあるのかな。)で、おしゃれなミニ湯たんぽ(金属製)を買っていたのに影響されて、だったかな、自分は千駄ヶ谷にあった雑貨屋の閉店セールでゴム製の湯たんぽを購入。
カバーが、ミンク調といったフェイクファーで可愛かったのだが、以前記事に切々と書いたように、
とにかくゴムのケミカルな臭いが酷く、猛毒化学物質工場にいるのではないかと思うほどだったのである。
買った店は閉店していたので、わざわざ中目黒まで(オーバー)行って、同じ商品だがゴム臭がマシそうなのに変えてもらったが、やはり臭くて、、、、洗剤で本体を洗ったらちょっとはマシになったが、布団にも臭いがつくほど酷い代物だった。
くすんだ赤いゴムの本体・・・・中国製っぽいゴム製の湯たんぽで、マットな色ゴムのものは、要注意である!
そのシロモノ、蓋をつける口のあたりのゴムが早々に傷み、早々とゴミ箱行き。と言っても2シーズンいけたのかな・・・嫌々・・・

その後、医療用というか、介護用なのか?元ケアマネだった母が入手した、透明ピンク(つまりスケルトンピンク)のシリコン湯たんぽを貰った。
これが、全く、異臭ナシ。
日本製である。ゴムの感じも厚手でいて柔らか。モコモコ靴下みたいなカバーがついていた。
非常に快適で、真冬のみならず、真夏以外は使っていた。
あっつあつのお湯をシリコンの湯たんぽに入れるのはまずいよなーと思いつつも、沸騰しかけたようなお湯を入れていた。最近。
熱々のお湯を入れると、当然、湯たんぽは膨らむ。
膨らんでいるのに、時々、腰の下に入れたりしていたせいか、ついに、、、、穴が開いたみたい!
夕べ、あちっ!と思ったら、湯たんぽの外袋が濡れていた。
ざっと見た感じ、穴は分からず。押して、熱湯が出たら怖いから、ビニール袋に入れて使用した。
朝、それほど漏れている感じはなかったが、ビニール袋の内側に水滴が少々。
湯たんぽを押してみたら、ほそーーーーく、しゅーーーーーっと水が出た。
針穴より小さいのではというくらいの穴が開いていたのだ。
そこだけ補修したところで、他の部分も危ないだろうから、これはもう使うのやめた方がいいな・・・
同じものが欲しいけれど、ネットで探したところ、ドイツ製のシリコン湯たんぽばかり、、、
母に聞いてみようっと。どこで買ったのか・・・。
スポンサーサイト

category: 体験

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1428-ddf30612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop