子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » シングルママと子ども »勉強環境と子供のからまわり。

amazon

勉強環境と子供のからまわり。  

単語のアクセント問題など壊滅的にダメな長男。
先日、単語を読んでいた時のこと。

「でぃすしっぷらいん」

はぁ?何それ。
見てみたら、ディシプリンである。
discipline
たしかに、でぃすしっぷらいん、だけれどさーーーーーーーーーーー

翌日、長女が単語の練習していて、読んでいたのだが、これまた、もっと酷い・・・
今どきの辞書、カタカナで読み方が派手に書いてあったりするのに、
辞書すら引かないし、便利な発音機能付いている電子辞書も活用されず。

結局便利なものあっても、使わない人は使わないし、
出来る人は、そんなんなくても出来る・・・・昔、女性誌のダイエット用のおしゃれレシピみたいなもののことを、あんなの作れる人は、そもそも太ってない、と言っていたが、その通りに思う。

長男が、もう授業無いので、捨てると言っていた教科書など、一応チェックしてみたら、
学校で配布された問題集なども結構あり。
意外とちゃんと勉強した形跡があった。
学校で選んでくれたそういう問題集なども、親切だなと感心。
いい問題集を、先生たちよく考えて選んでくれたんだなと。
自分の頃は、そんなのなかった、やらなかったと、長男に言ったら、

「えーーー、あんたの高校、そんなに勉強少なかったのか、セコ!」

と言って来たので、いや、勉強は多すぎるくらいだったが、こんな親切な問題集など配られなかったから、自分でなんとか工夫するしかなかったと答えた。

なかなかよく出来てて、おや、これなんか自分にも役に立つんじゃ?と思うようなものを、とっておきたくなる。なんで、置いているんだ、捨てて捨ててと言っていたくせに、
「教科書捨てたくないんだよね、高かったもんね(払ったのは私だが)」と何気なく言う長男。

そうだよ、何万もだよ~!(実際2~3万)
ほんと教科書も高かったなぁ、、、

自分の頃、資料集など捨てた後で、あれ、捨てなければ良かったっていうものもあった。
結構役に立つものもある。常識的なことで、さっと調べたいときなど。
しかし、置いておいても結局邪魔になるんだ、、、と捨てる教科書などをまとめていた時、一生懸命やった形跡のある問題集が目に留まったので、
結構、きみ、ちゃんと勉強したんだねぇと言うと、
「僕、結構勉強してたって分かったでしょ?」とニヤニヤ。

それなのに、こんな成績!と自分で言っていた。
勉強しても、全然頭良くならない、勉強の才能ないんだとか。
おいおい!

自分の高校時代、世界史で大学受験するのに、日本史の授業受けないといけなかった。
その授業は、そんな生徒ばかりでみんなあんまりやる気ないのを分かっていた教師が、いつも授業のあたまに、嫌味など言うのだった。
時間を過ごすためだけ、最低限のことをやるだけの生徒に対して、ばかばかしかったのだろう、
「おまえたちは、都民税の無駄だ!」と。

せっかく勉強できる環境あって、いい教材もあっても、ねぇ・・・・
英語教育盛んになっても、
ディスシップライン、、、とか、まともに発音もできない・・・何年も英語やっていても。

学校の勉強きちんとやってたら、ほんと、学力はちゃんとつくって、今更思ったが、
勉強のペースも、今の忙しい生活に合わせるとしたら、早いのかもしれないなー。
子供も忙しすぎると、それこなす能力ある子しか、こなしていけないよね。
学校の勉強も、もりだくさん過ぎるのかもしれない・・・とはいえ、学力低下問題もあったわけだし。
子供と勉強。もやもや悩んでいる間に、子供はどんどん育っていく。


スポンサーサイト

category: シングルママと子ども

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1439-6f0fb5f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop