子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » スポンサー広告 » 次男 »太巻きと、不思議な次男

amazon

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

太巻きと、不思議な次男  

恵方巻を食べる習慣、自分にはなく。
恵方巻に気付いたのはだいぶまえ、コンビニで見かけたのが最初。
いつしか、当たり前のもののように知られてきたが、
そもそもの起源について、
江戸時代に始まった説もあれば、戦国時代の説もあり、はっきりしないのに、海苔巻きを食べるのを楽しみにしている人に、がっかりさせるようなこと(大正時代の花街の卑猥なお遊び云々説)をわざわざ威張って言う人には、近づきたくないなー(鬼は外ー)と思ったり・・・
商業ベースでも、楽しみたい人は楽しめばいい!
季節感を楽しむのは大いに賛成!
豆まきだって、なんでそんなことをと言われても、我が家はやるのだ!
と、夕べ、豆まきした。ビルの谷間に向かって・・・

鬼はそとーーーーーーー

・・・3粒ずつね!一人3粒!遠くに投げてよ、ベランダに散らかさないように!
・・・鬼はうち、じゃないからっ!(鬼は内ーと叫びそうになった長女を止める)

福はうち~ 

・・・片づけやすいようにまいて!(と言ったら、長女も次男もすかさず、自分の口の中にまいた・・・というか放り込んだ)

なんでこんなことやるんだ、僕が大人になったらやらないと思うよ、という長男に、歳の数の豆を食べるよう言ったら、他の子たちがすでに豆をむしゃむしゃ食べていて、人数分の歳の数分はすでになかった。噛んでると、きな粉みたいに美味しい!とか言ってるし・・・。

太巻き、昨日は、母がわざわざ作って、駅で渡してくれた。(渡すために来てくれた。)
太巻きの具について、卵焼は好きでないとか高野豆腐は食べたいとか文句ばかりの長女。
誰が作ったとかこだわりうるさい長男(食べ物屋の物には言わないのに、一般人の手作りにはうるさい)。
せっかく手作りの太巻きをわざわざ持ってきてくれたのに・・・!
有難いことなのになんて奴らだ!
あまり食べたがらず、押し付け合いのような感じの言い方をする長女と長男に、
怒りの背中を向けながら、包丁を研いで濡らして、太巻きを切ろうとする私。
(それこそ、鬼婆・・・)

そこへ次男がやってきて。

「お、どれどれ!美味しそう!
たくさんちょうだい!どんどんちょうだい!」

次男に切ってやると、

「うまいうまい!すごいうまい!最高。
ばあばに、最高に美味しかったって言っておいて!」

気ぃ使っているのだろうか?
ほんと日頃、首絞めてやりたい!!(マンガみたいに、、、、)って思うくらい生意気な口叩く次男なのだが、いいタイミングで、いい対応をしてくれるというか・・・・
それも、いかにも本当な感じで。

言われるがままに、たっぷり盛ってやった。
あっという間に食べ終えた次男、
「あー、もうギブだわ、もう~食べれない・・・
まだ残りある?」

本気か?残りあったら、それはまずいなぁという意味か??
あるよと答えると

「明日、それ食べるわ!」

ほんきかい・・・?
・・・こういうとき、あまりつっこむとまたへそ曲げるから、取扱注意。。。

スポンサーサイト

category: 次男

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1448-12176319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。