子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » 映画 »「リトルヴォイス」から気づいた、親の悪

amazon

「リトルヴォイス」から気づいた、親の悪  



面白いよと長男に勧めたのだが、観終わった後の長男、
「面白くなかった。いい映画だったけれど。
まあ、賞取ったっていうのには、文句はないけれど。
面白くはなかった。
出てくるのも変なのばかりだったし。」

あー、あのお母さんはやばかったね、、、あのオッサンもね・・・結局、金、だったね。
金のためだけでなければ良かったのになー。と言うと、

「あのババアはサイアク・・・みんな自分のことだけ、金だけ!
主人公も変な感じだったし・・・」

う~む、まあ、確かに・・・いろんな人がいるから。でもあの男の子、良かったじゃん~優しくて・・・(ユアン マクレガーがやった役である。)と言うと、
返事はなかった。

面白い、=、どたばたあたふたゲラゲラ、わくわく、はらはら、なんだろうな・・・・

interestingってのは、いい言葉だとよく思う。

リトルヴォイス、久々に観たのだが、もう話殆んど忘れていた。
主人公のお母さんの態度・・・・超派手で猛烈ムンムンオバサンであり、自分の都合で物事動かそうとする、怒鳴りたてる・・・・
考えさせられた。苦笑。

子供の性格がどんなに難しい感じでも、それを直そうってのはおかしい・・・。
本人は、それで、何の不自由もしていないのだもの。
そんなんじゃダメでしょ、そんなのはおかしい、と言うのは、親の勝手。

子供を、親が勝手にそうしたいと思う方向へ、無理やり動かそうってのは、おかしいね・・・とすごく思った。

それにしても、ここでこんなスムーズにトントン進むかなぁと、思うような、絵本のように簡単に進んでいく映画久しぶりに観た気がした。
こんな簡単に、引きこもりの子を外に連れ出せるか?!とか・・・まぁそういうところは、重要でないのだろう・・・

親が、子供に望むことは、よりよく生きてもらいたいと思うから、多かれ少なかれあるだろうし、期待しすぎないのも、それはそれで、寂しいもの。
だけど、気づかないうちに、自分のために、子供を動かそうとしてないか?
ということと、
この映画を観る人が女性なら、女性が歳をとっていくという現実についてもちょっと考えさせられる、かも。
スポンサーサイト

category: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1486-d054b7c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop