FC2ブログ
青山生活子連れ流☆いつも楽しく ホーム » 体のケア »朝ごはん食べた方が痩せるって本当かどうか。

朝ごはん食べた方が痩せるって本当かどうか。  

日経のwoman expo2017で、「働く女子のための朝食セミナー」を受けたときのメモを、整理するの忘れていた。

川上ミホさん考案レシピの美味しいランチボックスをいただき、聞いた話。

朝食をとる効果は
体温が上がる。抜くと、筋肉が減る。
朝食をとることで、排便のリズムがうまくまわる。
1日のエネルギーの使用量が上がる。
昼食での血糖値の急上昇を抑える。

血糖値が急激に上がると、コラーゲンが傷つく。

朝ごはんは、栄養バランス、いろどり、マンネリについての不満が多いそう。
炭水化物に偏りがち。

朝食メニューはバランスがよいこと、手軽なこと、おしゃれこと。
おしゃれな感じというのは気分がうきうきすることであり、大切。

夜トマト、朝トマトについての話も聞いた。
リコピンっていうのは摂取してから7~8時間後に効果が出るらしい。
夏の日差し対策として、その時間差を考慮して食べるとよい。
ナスに含まれるナスニンは、最強のポリフェノールであり、皮に多く含まれる。
ナスニンは、発がん抑制、眼精疲労にも効くそう。

手軽にバランスよくおしゃれに作るこつは、
定番のアップデート、市販品の活用、作り置き。

味噌汁にオイルをちょっとかけたり、亜麻仁油をヨーグルトやジュースに少したらしたりして
栄養をプラスするといった工夫も紹介された。

朝ごはん食べるとむしろ一日ずっと食欲が増して太るって人もいるが、
1日のエネルギー使用量が増えるっていうのは魅力的・・・・

関連記事
スポンサーサイト



category: 体のケア

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/1570-f8c3b6d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop