FC2ブログ
青山生活子連れ流☆いつも楽しく ホーム » 長男 »勉強が頭に入らない原因 ②

勉強が頭に入らない原因 ②  

以前自分が参加したことのある、ゲーム脳についての講義では、同じゲームを繰り返しすることで、脳の連絡通路がショートカットになってしまい、使わない部分が出てくるということが印象的であった。
ゲーム脳への対処として、読書をどれくらいしろとかその他いろいろと話があり、自分は読書派でゲームにあまり興味もないので、なるほどと思った。
しかし、私の周りには、私より頭がすごくよくて、ゲーム大好きな大人が結構いる・・・
ゲームしなくても自分自身、頭良くもない。
だから、ゲームのせいで、頭が悪くなるとは言えないが、すぐ何かにはまって、他をおろそかにする、コントロールできないような長男には、脅かすに限る・・・
ゲーム脳の怖い話を長男にしてやった。

高校時代はあっという間だ。勉強すべく時間にゲームでは、勿体ない。
関連記事
スポンサーサイト



category: 長男

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

ゲーム会社勤務の俺様参上!

長文なので結論から言うと
・「長男君が患ってるのはギャンブル脳である」
なので対処法を間違えちゃいかんぜよと。

ゲームには大まかに分けて2種類あって
・「ザ・判断力タイプ」
・「頭使わないタイプ」

ゲームってのは本来「判断力」がモノを言うんだよね。
例えばインベーダーゲームは敵の攻撃を右に避けるか左に避けるかなどの「判断」だし、
テトリスも瞬間的にどう積み上げれば良いか?と考える「判断」
野球やサッカーも判断だし、花札やトランプも運の要素がありつつ最後は「判断」の上手い人が勝つ。

これらの「判断力」を必要としているゲームが好きな人は基本的にバカは居ない。むしろ数秒間で脳みそフル回転して判断してるのでその分優秀といえる。

一方で世の中には「頭を使わない」ゲームも存在する。
これも結論から言うと「iPod」や「スマートフォン」のゲームは9割方これ。
本格的なゲーム機と違って、小さいスペックで動かす分、容量の少ない簡単なゲームしか無い。

ここでちょっと話は変わるが、動物とギャンブルについての研究結果というのがあって。
AとBの2つの自動販売機を用意して、Aは「ボタンを押せば必ず50gの餌が出てくる」のに対し、Bは「50%で100gの餌が出てくるけど50%で餌が出てこないこともある」という設定にする。
これをネズミやチンパンジーで実験すると、ほとんどの場合Bの自販機ばっかり選ぶという結果が出てる。
しかも、Bの確立は最初は50%ずつだったのを、こっそり餌が出る確立0%にして実験しても、たくさん餌が出て来た快感が忘れられなくてBばっかり選び続けるんだな。

「運」ってのはネズミやチンパンジーの研究の様に「本能」にはたらきかけて簡単に快楽成分を発生させる手っ取り早いやり方なんだよね。
そんでもって、判断力やテクニックを必要としないからゲームが上手くない人ほどのめり込む傾向が強い。
だからスマホのゲームが流行りまくるわけなんだけど(苦笑)

いわゆる「ゲーム脳」ってのはゲームを断てば解決するわけじゃないんだよね。根本的には「ギャンブル脳」だから、そのうちパチンコとか頭を使わないギャンブルにハマる可能性が高い。おにーさんはそっちが心配だよ。


自分は読書が好きだけど、読書って時々「受動的すぎる作業」な時があるよね。
昨今の陳腐な小説読んでて全然脳みそ使ってねーなって時もあるし、テレビ見ててもプロジェクトXの様な考える番組もあれば、アホな脳みそ使わない番組もゴロゴロしてる。
娯楽の中でも「考える事」を欠かさない事が大切だと思うな。

そもそも勉強が苦手な子は大抵「考える」という動作が苦手。
そんな子に「考える練習」として判断力が必要なゲームを与えるのは問題ないと思うんだけど、iPodじゃロクなゲーム入ってねーな、速攻取り上げるべしwww


いっそプログラミング勉強して自分でゲーム作ればいいのに。
そうすりゃ嫌でも頭つかうさ。飯のタネにもなるしな。

ちとも #z8Ev11P6 | URL
2013/08/29 23:42 | edit

Re: No title

ちょとも殿
更新たまにしかしてない路地裏散歩道にコメントおおきに。
ipodは、進研ゼミの、子供をもっとアホにして、しかも契約縛りにする
アホ餓鬼とその親トラップ。(わかっててはまってみたが。。。)
長男は、運動不足で目も悪いから、首に液晶&ゲーム弊害が即行あらわれ、
首が痛くて勉強集中できないだの(と言いつつ救いようのないバラエティーは番組は見る)
とほほトークで私の脳内血管締め付けております(怒りで)。
プログラミングとかは本人も拒否するくらい、関係ないのよね。
(そこまでゲーム好きでもないのだろう。努力も嫌いだし。)
クラスの連絡のため、ipod渡したままだが、
ほんとにろくなことに使わないし、要らないと思う。
しかしないと友だちもできないとか、そんな友だちなんていらねーとも思う。
本人、そこそこ地味に幸せ感じつつ、私からしたら全然面白くもないテレビ番組を
嬉しそうに見て、幸せ感じるみたいな生活で、もっとめりはり、楽しく過ごせよと思うが
幸せ感とか私のそれとは違うんだなーと思うこのごろです・・・
しつこく、ぎゃーぎゃー言ってるけれど・・・ほんと頭痛い。
しかし、高校生の息子、もうどうにもならんわ。
ま、自分も高校生の時、言われたからどうだったって記憶ないけど。
とりあえず、ご飯食べさせ、協力できることは協力するってことで、
日々乗り越えてる感じです。。。
アタマを使う遊び、同感です。
資源の無駄でしかないとい怒りを覚える本の山についても。
ごきげんよう~

> ゲーム会社勤務の俺様参上!
>
> 長文なので結論から言うと
> ・「長男君が患ってるのはギャンブル脳である」
> なので対処法を間違えちゃいかんぜよと。
>
> ゲームには大まかに分けて2種類あって
> ・「ザ・判断力タイプ」
> ・「頭使わないタイプ」
>
> ゲームってのは本来「判断力」がモノを言うんだよね。
> 例えばインベーダーゲームは敵の攻撃を右に避けるか左に避けるかなどの「判断」だし、
> テトリスも瞬間的にどう積み上げれば良いか?と考える「判断」
> 野球やサッカーも判断だし、花札やトランプも運の要素がありつつ最後は「判断」の上手い人が勝つ。
>
> これらの「判断力」を必要としているゲームが好きな人は基本的にバカは居ない。むしろ数秒間で脳みそフル回転して判断してるのでその分優秀といえる。
>
> 一方で世の中には「頭を使わない」ゲームも存在する。
> これも結論から言うと「iPod」や「スマートフォン」のゲームは9割方これ。
> 本格的なゲーム機と違って、小さいスペックで動かす分、容量の少ない簡単なゲームしか無い。
>
> ここでちょっと話は変わるが、動物とギャンブルについての研究結果というのがあって。
> AとBの2つの自動販売機を用意して、Aは「ボタンを押せば必ず50gの餌が出てくる」のに対し、Bは「50%で100gの餌が出てくるけど50%で餌が出てこないこともある」という設定にする。
> これをネズミやチンパンジーで実験すると、ほとんどの場合Bの自販機ばっかり選ぶという結果が出てる。
> しかも、Bの確立は最初は50%ずつだったのを、こっそり餌が出る確立0%にして実験しても、たくさん餌が出て来た快感が忘れられなくてBばっかり選び続けるんだな。
>
> 「運」ってのはネズミやチンパンジーの研究の様に「本能」にはたらきかけて簡単に快楽成分を発生させる手っ取り早いやり方なんだよね。
> そんでもって、判断力やテクニックを必要としないからゲームが上手くない人ほどのめり込む傾向が強い。
> だからスマホのゲームが流行りまくるわけなんだけど(苦笑)
>
> いわゆる「ゲーム脳」ってのはゲームを断てば解決するわけじゃないんだよね。根本的には「ギャンブル脳」だから、そのうちパチンコとか頭を使わないギャンブルにハマる可能性が高い。おにーさんはそっちが心配だよ。
>
>
> 自分は読書が好きだけど、読書って時々「受動的すぎる作業」な時があるよね。
> 昨今の陳腐な小説読んでて全然脳みそ使ってねーなって時もあるし、テレビ見ててもプロジェクトXの様な考える番組もあれば、アホな脳みそ使わない番組もゴロゴロしてる。
> 娯楽の中でも「考える事」を欠かさない事が大切だと思うな。
>
> そもそも勉強が苦手な子は大抵「考える」という動作が苦手。
> そんな子に「考える練習」として判断力が必要なゲームを与えるのは問題ないと思うんだけど、iPodじゃロクなゲーム入ってねーな、速攻取り上げるべしwww
>
>
> いっそプログラミング勉強して自分でゲーム作ればいいのに。
> そうすりゃ嫌でも頭つかうさ。飯のタネにもなるしな。

無国籍風快楽主義 #- | URL
2013/08/30 09:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/277-31e364fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop