子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » 体のケア »じんましん対策の基本。

amazon

じんましん対策の基本。  

 季節の変わり目。私の周りの、アラサー女子からもアラフォー女子からも聞いた悩み事。

 「じんましんが悪化して!」

 
 私自身の皮膚の悩みの歴史は
 子供の頃から、草木や蛾にかぶれ、外食でエビにやられ、海外の石鹸で香料にかぶれ、渡航先で謎の虫に刺され、
 結婚出産後、疲労時にじんましんを起こし、洗剤で手指ひび割れ出血しょっちゅう・・・といったところ。


 
 まず、よくある肌のかゆみを伴うトラブル
 
 ①乾燥すると、肌がけば立ち、そこに埃やら細菌やらが入り込んで炎症を起こす。
 ②環境の変化や疲労蓄積など、「疲れ」要因で、免疫力が落ちたり、逆に過敏になってアレルギー反応を起こす
 ・・・アレルギー体質でなくても。

 そのどちらにも、おススメできることは、洗剤を変えること。
 全自動洗濯機のすすぎはあまい。洗った後も、洗剤が残っている可能性は高い。
 市販の合成洗剤は、除菌だの優れ機能upと比例して、界面活性剤の量も増えているように思う。
  
 合成洗剤の界面活性剤は、皮膚にしみこむ。

 毎日、しみこむ・・・コワいでしょ。

 弱っているときは、被害明らか。
 下着が当たる部分にじんましんが出来たとき、洗剤を変えてみた。石鹸原料のものに。
 
 私が使っていたのは、生活クラブのもの。パックスナチュロンや太陽油脂など、今では結構手に入るでしょう。

 純石鹸素地のもの(天然原料のもの)に含まれる界面活性剤は、たとえ石鹸の残りがあっても浸み込まれず、低刺激。ただし、石鹸かすが残るとか、泡立てないとすすぎにくいとか、それなりのデメリットもありますが。
 とにかく、皮膚には優しい。

 じんましん、すぐよくなりました。
 妊娠中のかゆみも、大幅に低減されました。

 試してみる価値ありです。

 
 


 
スポンサーサイト

category: 体のケア

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/3-12a1e8b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop