子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » 気になるコト »フラーレンって何?

amazon

フラーレンって何?  

最近、化粧品の広告などで、フラーレンという言葉を見かける。
流行りの美容成分など、とても追っかけきれないのだが、しかし何だろうと気になったので、調べてみた。
wikiでまず見たら、すごく難しく、まず冒頭から
「フラーレン (fullerene) は、閉殻空洞状の多数の炭素原子のみで構成される、クラスターの総称である。共有結合結晶であるダイヤモンドおよびグラファイトと異なり、数十個の原子からなる構造を単位とする炭素の同素体である。」(wiki参照)
とりあえず、ページざっと読んで、しかしこれって、何から作る何なの?!と良く分からず(そういう問題ではないのであろう。)、更に検索してみたら、化粧品関係のサイトには、なんだか適当な説明ばかり・・・・ダイヤモンドと同じ炭素の同素体だとか言ってるところまであり。・・・いや、wikiが違うのか?とも一瞬思ったが、とにかく適当な説明、ただビタミンCの172倍の抗酸化どうのとかで済ませていたりする。
あと、今はやりの言い方で、分子レベル、ナノレベルだから肌に入り込みやすい、とかね。
自分が目を見張ったのは、wikiに出ていた、
HIVの治療薬として期待できるというところ。HIVが活性出来なくなるように作用するということか?
また、活性酵素を消去する作用による、アンチエイジング効果。
つまりはどちらも、嫌な酵素の活動を邪魔したり、消去したりというわけかね。
そうなると、老化に関係する色々な疾患にも対応できそうな。
今や、原材料とか素材といったレベルではなく、原子とか分子とかっていう科学的レベルなのね・・・。
フラーレンについてはこれはほんとノーベル賞、納得の凄い発見じゃないかと、ひとり今更思ったのであった。
検索しているときに、分かりやすくてよさ気だったフラーレンの説明は、
有機化学美術館というサイトにあった。おススメ。
スポンサーサイト

category: 気になるコト

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/319-f3cf06fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop