子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » 甘味 »豆大福比べ

豆大福比べ  

去年末あたりから、豆大福を意識的に食べ比べしている。
食べ比べる対象として豆大福調査していなかったからだ。
東京豆大福の御三家のひとつとされている、原宿の瑞穂は、通るたびにいつも閉まっていて、つまり、豆大福もお目にかかったことが無かった。何年も。
それが、去年末、たまたま通りがかったらお店が開いていて、驚いた。
瑞穂の豆大福を買うことが出来た。
餅が柔らかい~。どっしり。特徴は豆がたっぷりで味も豆の香りよかったが、あんこにはそう特徴も無く、餅もただ柔らかいという感じであった。しかしあんこ多いし、全体的にみて、美味しい豆大福だった。
最近たまたま、虎ノ門 岡埜栄泉の豆大福を買う機会があった。
しかし、高い割にそう大きくもない。
こしあんが細かい。餅がまた柔らかい~。
しかし豆はそう目立たないし、少なめ。
瑞穂の方が食べごたえあるな。
美味しい豆大福って言われるところの豆大福の特徴は餅の柔らかさなのかな。
しかしここのは、うーーーーん、柔らかさが、なんか米粉とか何か混ざっているのかなと思って材料みたら、馬鈴薯でんぷんの表記もあった。
でんぷん?えーー、でんぷんで柔らかさだしてるの?
う~~~ん。
やっぱりそうかって感じだな。。。
ちなみに去年末からの食べ比べ気に入っているのは、むしろ、赤坂の塩野(生菓子が有名)や松月(家族経営っぽいところがいい!薄皮のおまんじゅうが大変美味しい。)の豆大福である。
赤坂界隈、歴史的にもお持たせ用の和菓子屋が多いようだし、溜池山王や新橋にも豆大福のおいしい店あるようなので、今度そちらの方に行ったら、買ってみようっと!
新橋の、文銭堂も、和菓子の種類多く、高すぎず、使い勝手が良い。お店の真面目で気取りの無い雰囲気も好きである。
赤坂の青野も、塩野も、お店の方の姿勢が感じよく、和菓子の丁寧さも良く、せっせと手作りという感じが、お菓子からも伝わってくる。
スポンサーサイト

category: 甘味

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/419-99f1b3d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop