子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » 長男 »長男による伝染病についての独り言ストーリー

長男による伝染病についての独り言ストーリー  

インフルエンザの予防接種の季節になった。
長男に、受けるか聞いたら、あれは痛いからなるべく受けたくない、
自分は手洗いうがい励行してるから大丈夫だの、去年もかからなかったし、一昨年も云々、と遡って、小学生の時、インフルかかった時は辛かっただの、独り言が続いた。

挙句の果てに、伝染病がパワーアップしてるとかなんとか、エボラの話になり、
エボラにかかったらどうなるだの、恐ろしい症状が現れということをしつこく具体的に話出し、
アフリカでは教育が云々でそのために伝染して、黒人で発症するともう物凄い恐ろしい症状を呈し・・・・(内容は省略)・・・・もし日本でも広がったら・・・まぁそれはないだろうけれどね・・・と一人で終焉していた。

エボラ出血熱、ほんと大変なことになっているようだよね。
伝染病などの菌がパワーアップしているのは、やはり薬使うほどに病原菌が耐性つけちゃって、相対的に強くなっている、と思ってしまう。
そろそろ薬の時代も変わりそうかな。
スポンサーサイト

category: 長男

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/869-764f7efd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop