子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » スポンサー広告 » ふと。。。 »劣化と病気について、検証してみた。(検証ってほどでもないが)

amazon

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

劣化と病気について、検証してみた。(検証ってほどでもないが)  

最近、周りで、病気や死の話題多いのだが、そうなるといつも思うことがある。
今、病気の症状を持っている60代~70代の人が、自分の歳、つまり40代の頃、病気っぽかったか?

私の周りで言うと、黄斑変性症という目の病気のためにケアマネを辞めた母、10年前にはそんな病気の気配は全くなかった。母が子宮筋腫を取ったのも、50代だった記憶。
母が40代の頃はバリバリ元気で、仕事も家事も運動もし、食べ物も偏食なく食べ、甘いものも食べ、喫煙もしていた。それでも23時半くらいには眠り、朝は6時半くらいに起きていたと思う。

70になっていきなり、悪性リンパ腫に悩まされることになった叔母も、ここ数年、微妙な不具合といった感じの病状が時折出て来ていたが、10年前は、全くそんなことなかった。元気はつらつな感じだった。

60代。病気が現れ始める。

自分が加入している健康保険組合の、月刊小冊子。
会社のほとんどの人が、読まないまま捨てている。
または手元に持って行かれることすらなく捨てられている。
自分は一応目を通すのだが、先日、今年の健康診断の報告がされていた。
同保険組合の、組合員の8割以上が健診を受けているのは、ちょっと驚き。
意外と真面目だな。

一般健診(34歳以下)も、35歳健診も、成人病健診(40歳以上)もどれも8割越えの受診率。ふむ。
そこで目を見張ったのは、
35歳健診で、異常なしは約5割なのに、40歳以上の成人病検診では、
異常なしが1割!!
要医療が、35歳健診では13パーセントちょいなのが、成人病健診では30パー越えてる。

成人病健診つまり40歳以上では、要観察が4割以上。

35歳健診から成人病健診までの健康悪化が激しい!

そろいもそろって、生活が悪化したわけではないと思いますよね・・・。
単に、40歳から、ぼろくなってくる・・・・ということ。

そして、60代では恐ろしい病気までも出てくるということ・・・!
スポンサーサイト

category: ふと。。。

tb: 0   cm: 1

コメント

1. しつれいいたします☆

初コメントですね!新着記事で色々見ていたら見つけました♡日常のブログなのにじーっと見てしまうようなブログでした♪私は元々別のブログ主体だったんですが、今回からアメブロにも力を入れていこうと思っています!失礼しました(・∀・)

ふみ #79D/WHSg | URL
2014/11/14 12:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/878-ebf0ebcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。