子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » 体験 »ヒール高くても安全な靴、低くても危険な靴。

ヒール高くても安全な靴、低くても危険な靴。  

(前記事の続きです。)

ピンヒールは履かなくなったが、ウェッジウッドの靴は、死ぬまで買わなくても良さそうなくらいたくさん持っている。
どういうわけか、Dianaのものばかり。Dianaの靴は、さすがに人気があるだけあって、履き心地が良いし、セールだったら1万円くらいで良質な靴が買える。
気に入るデザインと、サイズがあれば買いなわけで、そういうのを発見するときは重なるものだから、まとめ買いして、箱だらけになって帰ることになる(送迎の車もなければ、郵送する余裕もない)。
何年か前に、8~10センチくらいのヒールのものをまとめ買いしたが、それらは、今も美品で、毎年活用。
本当はそれで歩き回りたくないが、付き合いで歩かないといけないことが何度かあった。
高さはあるが、甲のグリップ具合がいいので、結構安心して歩けるし、転んだこともない。

骨折したときの靴は、どんな靴だったか?
それは、5センチくらいの太いヒールのもので、洋服メーカーのショートブーツである。
ヒールが低めで太いので、スニーカー履くような安心感で、ぼけーっと歩いてしまうのだろう。
しかも靴の作りがイマイチで、横に足がずれる。足首も閉まってないし、甲も余裕がある。
つまり、中でぐらぐらしているのである。

おかげで、横にぐらっところんで、にゅるっと足首がひん曲がって、そこに全体重がかかって、ボキッ。
変わりかけた信号に目をやりながら、慌てて走った時だったので、それ以降、そのようなシチュエーションにも気をつけるようになった。前よりは。

骨折したときの靴、実はまだ使用している。捨てろって言われそうなのに・・・(って、誰が、と言う感じだが。)。
底も薄くて、衝撃が腰にガンガン来るし・・・
もう少しヒール減った捨てようと思ったが、先日雨の日に、つるっと滑りそうになった。

危険な靴はさっさと捨てましょうw

スポンサーサイト

category: 体験

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/883-2b5c25e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop