子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » 検証 »シチューと、ぬるぬる洗い物

amazon

シチューと、ぬるぬる洗い物  

白菜を半分買ったので、キノコや大豆と煮ていた。
家にチーズクリームシチューのルウが二箱もあったので、白菜のクリームシチューもいいなぁと思ったのだが、長女が反対。
絶対食べないからね!と言う。シチュー嫌いなのである。
食べないからね、で食べなくても結構だが、食べないからね!は他のものを用意しないと怒るからね!という意味でもある・・・とほほ。

煮込んだものを二つの鍋に分け、片方は、長男次男が楽しみにしていたチーズクリームシチューに。
もう片方は、鶏がらスープや塩コショウ、醤油少々であっさりスープに。

男兄弟に、ぺろりと完食されたシチュー。
皿と鍋、しばらく水でふやかしておいたのだが、ねっとりねとねと。
二度洗いだな。

洗剤は、昔はせっけん洗剤にこだわったり、自然系の洗剤も使っていたが、結局二度洗いしたり、洗剤大量に使ったりで、うんざりし、合成洗剤を使うことがメインとなった。
昔ながらの大きなボトルの洗剤は、界面活性剤が少ないが、コンパクト洗剤ほど界面活性剤のパーセンテージが高い。比例して、手荒れする。
しかし皿洗いが多いと、結局どんな合成洗剤でも手は荒れるし、合成洗剤を薄めて使ってみたら、やたらと量を必要としたりで意味がないというわけで、洗剤については、あまり使い勝手を追求しなくなっていた。
しかしやはり、あるんだよね・・・銘柄によって差が!!
洗剤だけでない。スポンジもだ。
腰が無くて、すぐへなへなになったり、やたらぼろぼろちぎれたり。
ベストは住友3Mのスコッチブライトなのかなぁ・・・生協で業務用のすごく丈夫なスポンジ買ったこともあったが、研磨部分がないのが不便だったり・・・百均や、ドラッグストアの安売り品はどれも変わらず、すぐボロボロになったり。
最近、北欧系の雑貨屋で、見た目オシャレで値段も安いもの見かけたが、ああいうのはどうなんだろうなぁ。
最近は東急ハンズのスポンジ詰め放題で買った物を使っているが、やはり、すぐぺしゃんこになる。
もろもろにならないのだが、どんどんぺったんこになるという・・・。

そのダメなスポンジに、従来型のよくあるコンパクト洗剤という組み合わせで、シチューで使った鍋を洗うと、もう、スポンジが、油脂の塊のようになるわ、
皿も、一度洗っても、ぬるぬる。二度でも怪しいくらい。
お湯と2度洗いの組み合わせ、+、スポンジは処分、ということになるか・・・

シチューのルウや、出来合いのミートソースなど、いったいどんな油脂が使われているのかと思うほど、嫌な感じに食器に脂がこびりつく。

そこで、こういうときこそ、新製品の出番か?!
CHARMY Magica(チャーミー マジカ)


チャーミー マジカという洗剤のモニター商品を入手していたのである。ライオン様、ありがとうございます!

来月発売される、ナノ洗浄を売りにした台所用洗剤。
ナノ洗浄と言えば、最近、衣料用の洗剤もコンパクト化し、洗浄方法としてナノ洗浄らしきものが謳われているものも見慣れてきた。

香りは3種類あり、自分が貰ったのは、スプラッシュオレンジ。
柑橘系の香りかと思ったら、サイダーのような匂いだった。
娘は、フレッシュピンクベリーの香りが良かったと言っていたが・・・
ハーバルグリーンの香りも良さげ。
さて、使い勝手であるが、
評判通り、一発で、ぬるぬるがさらっと落ちた・・・・
まぁ食べ物がびっしりついていたらダメだけれど、その場合は洗剤も勿体ないから、やはり前処理的に汚れを落としてから、洗剤使用。
使用量も、ライオンのページ通り、1円玉1個分が目安。つまり少ない。
泡が立って、泡で洗うという泡洗浄の仕組みとは違うようで、洗剤が汚れを吸着するらしい。
仕組みが気になったが、そこらへんのことはあまり見当たらない。
これから、ライオン チャーミー マジカのような洗剤が主流になっていくのかしら?

ライオン_Magicaファンサイト参加中

「ナノ洗い」を研究する「ナノ洗い研究所」のWebサイトです。
スポンサーサイト

category: 検証

tb: 0   cm: 1

コメント

1. 初めまして

読ませていただきました★また訪問します^^御願いします

美香☆ #79D/WHSg | URL
2015/01/29 14:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/940-58ee95d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop