子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム » ふと。。。 »ココナツ油 パーム油 違いを説明せよ

ココナツ油 パーム油 違いを説明せよ  

最近、ココナツ油は体に良い物として、見かけることが増えたが、
パーム油っていうのは体に良くないものとしての認識があった。

改めて調べてみた。

ココナツオイル→大きなごろんとしたココヤシの実から取れる。産地は東南アジアの熱帯あたり。

パーム油→アブラヤシから取れる。アブラヤシの実は卵くらいの大きさで、赤褐色。
産地はアフリカ、中南米、マレーシア

参照

パーム油が悪者のイメージなのは、パーム油の為に熱帯雨林を大量伐採して、プランテーションしているという、環境破壊の面と、用途として、工業用だけでなく食用で使うために加工される際のことが問題。
水素添加、、、、、トランス脂肪酸発生!!
ココアバターや乳脂肪の代用となるとなると、ほんと用途は多いわけで、なんちゃってクリーム風になるわけで。
植物油脂って書いてあったら、パーム油ってことが多いそうで、マーガリン以上に、紛れ込みやすい。
海外ではあちこちで禁止となったマーガリン。
日本ではなぜ、禁止になっていないかという話題で、よく、日本人は海外に比べたら摂取量が少ないから問題にならないとかいう人もいるが、トランス脂肪酸は、マーガリンからだけでなく色んなところから、体に入っているから、商品選択に迷ったとき、自分は、どちらに危険なものが少ないかをめやすにしたり。
誘惑に勝ちやすくなるメリットもあり、、、。
スポンサーサイト

category: ふと。。。

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuhuu.blog25.fc2.com/tb.php/952-2d284178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

amazon

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop