子持ちシングル女の悩みと工夫@青山 ホーム »ふと。。。
カテゴリー「ふと。。。」の記事一覧

amazon

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

お弁当箱事情  



東急ハンズのメルマガで、わっぱのかわいい弁当箱、紹介されていた。
間にしきりがあるのだが、洗いにくいかもなぁ、どうなんだろうなーと反射的に思ったり。
わっぱとか木製、竹製のお弁当箱って、子供もすごく反応する、年齢問わず引きつけるものがある。
しかしいつも気になるのは、においのしみつきとか・・・プラ製の内蓋がついているようなものはいまいち味気ないので、普通にふたと本体のスタイルだと、漏れも気になる。
意外と、良く出来てて、心配に及ばないのかなぁ。

自分はタッパーウエアを愛用。
クラシックなデザインのとか、用途によって使い分け。
蓋がぎざぎざしているものは、油っぽい物入れると洗いにくいし、
この形は、この中身に向いているなど、考えながらちょうどいいのを使う。
しかし、今や、タッパーと検索しても、ジプロックコンテナーが出て来たり・・・
ジプロックコンテナーは、惣菜、特に煮物など入れやすいんだよね。

ジップロック コンテナー 長方形 500ml 3個入/旭化成ホームプロダクツ

¥価格不明
Amazon.co.jp

弁当箱、会社の給湯室で、愛妻弁当を食べた後の弁当箱をすぐに洗っている方がいるのだが、
その人の後のスポンジは気持ち悪くない。(独身パラサイトおっさんが洗い物した後だと、洗い場周りが水浸しだったり、スポンジに何やらくっついていて気持ち悪かったりする・・・)
よくしつけられているなぁ、、、、と思う・・・。
最近、その方の弁当箱がスリムになっていた・・・体型と反比例か・・・

(世の中の奥様、社内で夫のこんなこと、見られてることあるんですよ・・・)

category: ふと。。。

tb: 0   cm: 2

ホワイトデー近くのデパ地下で並ぶ男性たちを見て、思うこと。  

先週末、新宿の伊勢丹の地下をちょっと通った時のこと。
洋菓子売り場の一角が、いつもより高さのある人だかりで、しかも行列していた。
見てみると、男の人ばっかり。20~40代くらいまでいるのかなぁ。
店は、綺麗なカラフルと、白・・・つまり、サダハルアオキである。
自分は、ミッドタウンのサダハルアオキ、何度も行ったことあるが、眺めただけ。
高過ぎだし、、、日本人パティシエのチョコを、フランスから輸入してるわけでしょ、、、
自分は、トシヨロイヅカだから、贅沢スイーツ買いたいときは!

高級洋菓子屋で、バレンタインのお返しを買うように、どこで躾けられているのだろう、彼らは・・・といつも思う。
自分は、本命バレンタインって、お返し貰ったことがたぶんない。あげるばっかり。
お返しくれるのは、むしろ義理チョコあげた人から。
サダハルアオキなんて、ゴディバよりCP悪いんじゃないかと思う。
そこに並ぶ男性からお返し貰う女性たちは、日頃から、あそこの店のがいいな~~♡とアピールしているのか?(だとしたらちょっと残酷な気もするが。)
それとも、雑誌とかメディアに洗脳されて、うのみにして並んでいるのか?
それとも、バカらしいと分かっていても、特別な彼女を喜ばせたいから、特別な店で!と、選んでいるのか?
もしくは、本当に本人もそこの店が好きなのか?
もしや、実は自分がそこの店のが好きで、こういう機会だからこそと、堂々と並んで、自分に買う!・・・とか?

去年は、ホワイトデー近くのヒカリエの洋菓子売り場が、暑苦しい男どもでぎゅうぎゅうだったのを思い出した。
ピエールエルメとか、人垣が出来ていた・・・・
男性の客のスイーツ買い物の方が、へたすると、女性より「とりあえず、高いの」買ってたりして。

長女の同級生の男の子で、その子にバレンタインにチョコあげると、お返しが豪華らしいと言われている子がいる。
一年前は、そのお返し狙いで、チョコあげた子がいたらしく、我が家の長女も、思いっきりお返し狙いで、チョコあげようかどうしようかと言っていたが(酷い、、、、)、結局あげなかった。
今年もその話が出ていたが、お返しが良くても、自分はあいつ、全然好きじゃないからあげない、と言っていた。変化したのだな。
それで長女は、恐ろしい工作的手作りチョコ菓子を同級生の女子と交換し合っていたのだが、
女子生徒たちは、ホワイトデーではまるで盛り上がらないようである。存在すら忘れているような。
大人の女性同士でも、バレンタインで贈り合ってしまうから、ホワイトデーは確かに、静か。

次男には、同級生の女の子が手作りチョコくれていたので、お返し考えないと。
(去年は、そのためにヒカリエに行ったのであった。)
お返し目当ての贈り合いとか、商業ベース云々とか、そういうのうるさく言う人もいるが、
季節の楽しみとして、バレンタインやホワイトデーのプレゼント交換あってもいいと思うので、
男の子は、貰ったら、ちゃんとお返しして欲しいと思う。
くれた相手が勝手にくれたんだからっていうのは、まあ、確かに、だけれど、
貰って嬉しかったなら、相手にも嬉しい気持ち、感じて欲しいと思うものじゃないかな・・・
自分の息子は、貰いっぱなしじゃなくて、相手にありがとうと、返せる人でいて欲しい。
イベント時に限ったことではないが・・・。

というわけで、週末、次男と準備せねば・・・。

category: ふと。。。

tb: 0   cm: 2

古文出来ないコンプレックス  


学生に戻って勉強しなおしたいもの ブログネタ:学生に戻って勉強しなおしたいもの 参加中

中年になって、昔ちゃんとやっておけば良かったと思う学問・・・それは古文。
自分が高校生の時、古文の先生が気持ち悪すぎて、助動詞の勉強を怠った。
高1の時、その先生に古文を教わった生徒の多くが、その後、古文の成績振るわなかったという噂も聞いたのだが。
その先生、カバゴリラ系というか、水族館の水槽にいる、人気のない魚系というか、、、まぁ、気持ち悪い爺さんって感じだった。
毎回、自分が同人誌にこういう投稿をして、みたいな話をして、酔っているのである・・・・話に。
で、
僕は書かずにいられないんですよ~
とかなんとか勝手にしゃべって、また、ほわーーんと。
独り言は楽しそうなのに、授業がまさにやっつけ。
授業となると、やる気なし。(教える側のくせに!)
もごもごと、聞き取りにくいし!
古文も先生も嫌、、、、ってなってしまった。

その後、漢文は他の先生だったこともあり、そう酷くはなかったのだが、古文は壊滅的にダメで、テストなんていつも適当に回答していた。
受験も古文がなくて、小論文の試験の大学探したり。

古文との付き合いはそのまま自然消滅・・・・

しかしここ数年、読み物の中に古文が出て来たり、何かと古典の話が出て来たりして
(そういうものが出てくるような読み物を選ぶようになったということか。)、
凄い簡単な一言や、いいまわしの、意味が分からない、、、と思うことちょこちょこ。

なんだかなー、分かったらいいのになーと思うこと、しばしば。

ちょっと前に民俗学の本を読んでいた時、その本自体が、現代の口語と文語の間みたいな言葉遣いで、読みにくかったのだが、読んでいるうちに慣れていた。
その時ふと、古文って、英語みたいに、今の言葉と離れた言葉?!と思った。
似ているけれど、違う、、、
しかし日本語なのだから、英語よりは繋がっているはずで・・・・
分かりたい!

というわけで、ちゃんとやらなくて悔やまれるのは古文なのである。

これから、下の子供達も習うだろうし、長男も古文の勉強、まだ続くし・・・自分も学ぶのにいいタイミングかなと思い、ほんのちょっとずつのSTEPでも!と、古文のブログ(お世話になっているブログ→あいさんの、「源氏物語イラスト訳」)を見るようにしだした。
ちょっとずつでも分かるようになるといいなぁ~と思い!

先日、近所のあんまり関わりたくないリタイヤおじさん(ヒステリックで、しつこくて、しかも自分勝手w加えて、不潔、、、、)に会った時、
「これから古文の勉強会に行くんですよ、私、教える側と習う側、やっててね。」と言われて。
この(ジジイというには、若い、、、)ひとでも古文分かるのか、、、、とちょっと、ほんのちょっと悔しい感がした。

数年後には古文出来ないコンプレックス解消されていると嬉しいな・・・。

category: ふと。。。

tb: 0   cm: 2

亀戸天神と間違えたり。  

昨日、友人と亀戸で会う約束をしていた。
友人の友人宅に訪問するため。

朝、出かける前、家の中では、いつものような騒動。

次男に、長女と長男が、息臭い!と言うと、次男が、はーーーーーーっと吹きかけ。
その後みんなギャーギャー
落ち着いたと思ったら、今度は、オナラの犯人は誰だ騒動。

家を逃げ出してミッドタウンに向かった。
手土産買ってから、六本木で電車に乗ろうと思ったからだ。
途中、乃木公園のところで何か撮影していたが、写されている人が誰なのかは、
芸能人に疎い自分には分からず。

ミッドタウン、まだ10時だったので、浅野屋位しか手土産買うところは思い着かず。
大きい食事パンと、可愛い菓子パンを買って、地下鉄へ。

予定の電車に乗れたと思った。
電車乗り継ぎ、亀戸に着く寸前で、はっとした。

待ち合わせ時刻、間違えた、、、、、、、

1時間早かった。
そういうわけで、ちょっとうろうろしてみることにした。
亀戸天神、行ってみるかと。過去に行った記憶が曖昧だったので。

明治通りを歩いて行って、途中で曲がって、参道風の横道に入って行った。
香取という文字があちこちにある。
香取?芸能人コラボ企画?
と思いつつ、到着。
神社めぐりっぽい小さな団体の横を通って、参拝した。
亀戸天神って、亀戸香取神社っていうのか、、、、と思いつつ。
因みに、スポーツに勝つ、自分に勝つ!神社とか・・・・

・・・・亀戸天神って、地図に、池みたいなの描いてなかったっけ・・・・・・・・

確か、梅まつりとかポスターあったような・・・・

しかし、神社の中、見渡しても、池も無ければ梅まつりと言うような梅もない。

もしかして・・・・
神社から出て、ふと見ると、亀戸天神600メートル先の看板発見。

違うんじゃないか!
あとちょっと先だった。時間大丈夫かなーと思いながら、速足でその方向に向かうと、
確かに、見ごろな梅が綺麗な亀戸天神に行き当たった。

池とか、小さな欄干とか、こじんまりした梅の木たくさん。
絵馬はずっしり、たわわ。
合格祈願、なのだよね、ここも。
うそかえとかいう鳥の人形のことを思い出した。

そういえば、長男の第一志望の受験頃だったか、通りすがり湯島天神の梅まつりを覗いたのだった。湯島天神はさらに絵馬の垂れ下がりがずっしりで、参拝者の列も長かった。
自分はなんとなくぐるーっと周り、おみくじを引いたが、ピンと来ない内容であったのだ。

絵馬とか学問の神、みたいな感じの風景を見て、長男の残念な結果を思い出した。
亀戸天神も参拝者長い列。
周りでは、私の好きな、梅と白餡が入った大福も売られていた。こしあんのもあった。
大福に心惹かれつつも、なんだか、ちょっと苦い気分にもなり。
うそかえの人形も買うこともなく、待ち合わせの亀戸駅に戻って行った。
急ぎ足で、汗ばんで、なんだかもう、5月みたいな気分になりつつ。

亀戸天神で梅を見たよと、夜、母に伝えたら、亀戸天神は、藤で有名なんじゃないの?と。

時間間違えたり神社間違えたり、藤じゃなくて梅見たり。
色々なんかずれてるな・・・

来年は爽快な気分で、梅を見れるといいな!

category: ふと。。。

tb: 0   cm: 0

なんで、妻と行かないんだ?!  

奥さんも子供もいるのに、なぜか、よその女と出掛けたがるオッサンがいる。
家族がいるのに、正月の初詣とか、
家族がいるのに、イベント的な日のお出掛けとか、
家族がいるのに、映画やお食事とか。

家族仲が悪いわけでもなく、週末は家にいるようにしたり、家族的なこともしているようだが、
なぜか、それでも、食事だの映画だの、よその女に、行きませんかという。

そういう話、よく聞くし、自分の身近にもいる。
女性側としては、ただそこにいる人、話を交わした大勢の中のどれでも同じくらいの距離感の相手。
それなのに、家族持ちの男の方は、知り合い程度に思っていないのか?
やたら、誘うのである。
妻はどうしてるんだ?

たいてい、そういう男、妻のことを聞くと、たんたんと、普通に答えたり、妻想いな発言もしたりするのだが。
だったら、妻と行けよ、妻のところに帰れよと思うのに、
なぜか、他の女と出掛ける。

どういう心理か謎である。

実は、崩壊?
どれほどまでに、その他の女に想いを持っている?
狙ってても気持ち悪いし、誰でもよくて、たまたま相手してくれた無害そうな人を選んだというのだったら、それも失礼な話だ。

女の側からしたら、相手のおっさんは、友達の中の一人、いや、友達にも達しないくらいの、知り合いの一人くらいの感覚なのに、その相手がいきなり、それ以上を期待してくることもある。
そういう被害報告、よく聞く。
自分も以前、妻と子供(こういうケースの場合、子供はもう、大きい。)がいるくせに、
家族に干されてるからって、彼女募集中みたいなおっさんに、
彼女にならないか的なことを言われて、ぞっとしたことがある。
友だちはあり得ない、彼女か、彼女じゃないかのどっちかだ、なんて、
奥さんいるくせによくもまぁ。
そのおっさん、周りの友達にも、彼女作ればと勧められたそうな。
家族に相手にされてないなら、彼女作れば~~?って。
その友達もろとも、爆破してやりたいと思った。(しませんけど。)
思い出すだけで気分悪くなるようなおっさんだ。(このおっさんの話は前にも書いたかも、、、、)

そんな勝手だから、家族に干されるんだよ!自業自得だ!

さて、最近増殖しているのは、最初に書いたような、何考えてんだかわからんおっさん達。
そういうおっさん達は、拒絶の理由となるセクハラタイプと、セクハラしないタイプがあり、
セクハラナシの方が、たぶん、増えている・・・

いずれにせよ、そういうおじさんと関わると、恋愛とか全く関係なくても、
場合によっては、不倫事件として巻き込まれるの可能性がなくもない。
好きでもない、知り合い程度のおっさんの家族に訴えられるとか。

好きでもない、といえば、人生ささげてもイイ!みたいな相手以外の男と接触して、
人生終わるような病気をもらうということもあるわけで、
軽い世の中(ネットですぐ出会えるような)であっても、男女関係については、軽くなるのは絶対注意!
と思うのであった。
重い女は嫌われる?
自分については、重く考える、重く・・・重要と考えて、軽いことしない方が、結果的に、いい!
軽はずみって言葉あるけれど、ほんと、軽はずみはあとで泣く。

家族いるのに、他の女を誘うおっさんの話を長男にしたら、

不倫って、殺人とかと同じく犯罪なんだよ!
僕は絶対しない、あり得ないけれどね。
逆に、不倫されたらどうしよう・・・

・・・彼女いない歴=実年齢・・・いつまで・・・・

長男は、まぁ、家族いて、他の女性と出かけましょうなんてことしないだろうが・・・

かなり本命の彼女いて、いつかは結婚てなくらいなのに、なぜか、他の女の子とも遊びたがる男もちらほらいたなぁ、、、そういうタイプが、おっさんになると、妻でない女性と出掛けたがるのだろうか・・・いずれにしても、心理、理解しかねる。

category: ふと。。。

tb: 0   cm: 4

ヒント検索エンジン

スポンサードリンク

プロフィール

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

キーワード

悩みと工夫

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。